碁会所・愛碁本部道場で囲碁に夢中。

碁会所、愛碁本部道場。

 

 

 

JR鹿児島中央駅周辺で
囲碁(いご)を楽しみたい方に
碁会所(ごかいじょ)をお教えします。

 

その碁会所の名前は
愛碁(あいご)本部道場です。

 

JR鹿児島中央駅の西口から
歩いて7〜8分の所にあります。

 

愛碁本部道場では
子供も大人も
囲碁を楽しんでいますよ。

スポンサードリンク

 

日本棋院のかごしま県連支部。

 

愛碁本部道場は、
日本棋院(にほんきいん)の、
かごしま県連支部になります。

 

日本棋院とは、
囲碁の団体です。

 

囲碁を職業として行う人を
棋士(きし)と呼びます。

 

日本棋院は、
棋士を統括して、
囲碁の試合を開催したりする団体です。

 

 

碁会所、愛碁本部道場の看板です。

 

 

囲碁教室も開催。

 

愛碁本部道場は、
日本棋院の普及指導員でもある、
西野栄一郎氏が開いているのです。

 

西野氏から毎週、
囲碁教室を開催しています。

 

囲碁を覚えてみませんかと、
お誘いを受けました。

 

年配者ばかりだけじゃない。

 

実は、私は囲碁はできません、
できるのは五目並べぐらいです。

 

本当の囲碁を、
覚えてやってみたいのです。

 

でも正直に言うと囲碁って、
何だか年寄りの方が、
好む遊びじゃないかと思っていました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

若い女性や子供さんも。

 

でも囲碁は若い人もやっているし、
プロの棋士には、
若い女性だっているとのことです。

 

さらに子供さんだって、
やっているそうですよ。

 

ええ、子供が囲碁をするなんて、
ほんとかな、と思いました。

 

土曜日に、
子供教室が行われているので、
愛碁本部道場に行って見ました。

 

 

碁会所の愛碁本部道場。

 

 

子供たちが囲碁をやっている。

 

子供囲碁教室には、いた、いました。
なんと子供達が、
囲碁をやっているではありませんか。

 

もうある程度は、
囲碁ができるとみえて、
お互いに対戦していました。

 

 

子供たちが囲碁を楽しんでいます。

 

 

私が勝手に思い込んでいた、
年寄りが好むと思っていた囲碁。

 

子供たちが、
ゲームを楽しむようにやっているのです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

ヒカルの囲碁が火付け役。

 

子供達の囲碁人口は増えているそうです。
その理由の一つにコミック本、
ヒカルの囲碁」にもあるとのこと。

 

「ヒカルの囲碁」は、
少年ヒカルが囲碁で、
活躍するストーリーですが、
子供達に人気が出たのです。

 

「ヒカルの囲碁」は、
シリーズで刊行されました。

 

並行して各地に囲碁教室が開かれ、
今でも子供の囲碁の大会が、
開催されているそうです。

 

 

「ヒカルの囲碁」は人気のコミック。

 

 

囲碁をする子供は頭がよくなる。

 

たかだか、コミックの人気で、
囲碁が流行ったのだろうと思いきや、
実は別の理由もあるとのことです。

 

それは、囲碁をする子供は、
頭が良くなると言われているのです。

 

これは、医学的にも実証されています。
考える力や集中力を養い、
右脳を鍛えるそうですよ。

 

それりゃそうかも、
あんな難しそうな囲碁をするのだから、
きっと頭がよくなるのでしょうね。

 

 

囲碁をすると頭が良くなるよ。

 

 

きっと教育ママの中には、
頭が良くなるからと、
勧めているかも知れませんね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

大人だってお勧めですよ。

 

囲碁は、子供だけでなく、
大人だって良いそうです。

 

囲碁をやっている年配者の脳は、
衰えないそうですよ。

 

遊びとはいえ、
良く頭を働かせるでしょうからね。
痴ほう症の予防にも良いかも知れませんね。

 

愛碁本部道場では、
もちろん大人の、
囲碁教室もあるとのことです。

 

 

もちろん大人だって囲碁を楽しみます。

 

 

JR鹿児島中央駅のそばです。

 

愛碁本部道場は、
鹿児島中央駅の西口から歩いてすぐですよ。
武幼稚園のとなりのビルです。

 

鹿児島のまち歩きの途中で、
囲碁をしたい時や習いたくなったら、
愛碁本部道場を訪ねてみてはいかが。

 

愛碁本部道場・碁会所
鹿児島市武1丁目12-16
ともえビル1階(武幼稚園となり)
TEL 099-801-8446
営業時間 12:00〜22:00
休み無し  年中無休

 

 

スポンサードリンク