鹿児島ラーメンがマイアミに上陸します。

鹿児島ラーメンがマイアミに上陸。

 

 

 

鹿児島のラーメン屋で紹介した
薩摩 思無邪(しむじゃ)」さんが
アメリカのマイアミ市に出店します。

 

ここでの鹿児島の話題は
鹿児島ラーメンも
いよいよ世界に進出という話題です。

 

「薩摩 思無邪さん
すごい、やったね」と思いました。

 

でも思無邪さんは
以前からマイアミへの出店
目指していたのです。

スポンサードリンク

 

かごしまラーメンのニューウエーブ。

 

薩摩 思無邪さんは、
どんなラーメン屋さんかといいますと。

 

鹿児島市内に3店舗を、
展開する新しいラーメン屋さんです。

 

まあ、かごしまラーメンの
ニューウエーブといったお店です。

 

 

スタイリッシュなカウンターの思無邪。

 

 

一緒に文化も売りたかった。

 

店主の前村さんは、
福岡に本店があるラーメン店、
一風堂」で修行したそうです。

 

一風堂がアメリカ進出したさいに、
ニューヨーク店の開業の、
スタッフとして関わったそうです。

 

その時にお店が、
ラーメンだけを売るのではなく、
博多文化も含めて売り込んでいたそうです。

 

そういったお店を通して、
日本の文化を情報発信する、
スタイルに感心したそうです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

鹿児島の文化を発信するラーメン屋。

 

その後、郷里の鹿児島に帰ってきて、
自分のラーメン屋を開業しました。

 

お店の中で、
今度は「鹿児島の文化」を、
こだわりを持って発信しました。

 

店名にも表れています。

 

思無邪(しむじゃ)とは薩摩藩当主の、
島津斉彬(しまずなりあきら)
好んだ言葉です。

 

思うことが正しく、
邪悪の気持ちがないことです。
店主も島津斉彬を尊敬しているそうです。

 

 

店名の思無邪と書いてあります

 

 

ラーメンのスープの返しには、
鹿児島の醤油を使っています。

 

ラーメンの器は薩摩焼であったり、
お店で出すお茶も県内産といった、
鹿児島を発信するスタイルにこだわる。

 

 

お茶だって鹿児島産にこだわります

 

 

思無邪はマイアミ進出を目指す。

 

鹿児島情報はメニューの中で、
さりげなく発信しています。
またメニューには英語表記もあります。

 

これは、マイアミへの進出を、
意識しているからと聞きました。

 

マイアミへの思いは別にもあります。
実は、お店がある場所は、
鹿児島市内の、
マイアミ通りという通りなのです。

 

わざわざ、マイアミ通りを選んで、
お店を出したそうです。

 

もう一店舗は、
JR鹿児島中央駅の西口店です。
 思無邪(しむじゃ) 鹿児島中央駅西口店

 

鹿児島市はアメリカのマイアミ市と、
姉妹都市なのです。
それでこの名前が付けられました。

 

今後は通りの名前だけでなく、
もっと相互の文化交流が、
さかんになればと思います。

 

 

メニューでも鹿児島の文化を発信します

 

 

かごしまラーメンが海を渡る。

 

それに期待が持てそうなのが、
今回の薩摩 思無邪の、
マイアミへの出店の話です。

 

すでに現地を視察を済ませました。
今回、現地法人を設立して、
出店の時期をうかがっているそうです。

 

ぜひ、薩摩 思無邪の、
マイアミ店をオープンして、
マイアミの人にかごしまラーメンを、
食べてもらいたいですね。

 

かごしまのラーメンが海を渡って
海外の人に食べられると思うと、
なんだか、ワクワクしてきました。

 

 

スポンサードリンク