台風15号が桜の木をなぎ倒して行きました。

桜の木をなぎ倒して行きました。

 

 

 

2015年の
台風15号
8月25日の未明に襲ってきました。

 

ものすごい風の音
とても寝ていられるものでは
ありませんでした。

 

もちろん鹿児島市内だけでなく、
鹿児島県内の各地に、
大きな傷跡を残して
立ち去っていきました。

 

スポンサードリンク

 

台風のすごさが一目瞭然です。

 

台風一過の朝、
起きてみるとビックリしました。

 

窓を開けると緑地公園に、
植えられている桜の木が、
見るも無残な姿になっているではありませんか。

 

桜の木が根元より、
ポッキリと折れているのです。

 

 

桜の木がポッキリと折れました。

 

 

それもかなり大きな木です。
春には見事な桜の花をつけて、
私達を楽しませてくれていたのに。

 

こんな姿は、
あまり見ることはありませんので、
カメラを持ってきて写真を撮りました。

 

桜の木だけではありません。

 

他の桜の木も被害を受けていました。

 

なんと木の根っこもろとも、
地面から引っこ抜かれていたのです。
そうとうな風の強さを物語っています。

 

 

根っこから引き抜かれた桜もありました。

 

 

桜の木以外にも、
梅の木も植えてあるのですが、
こちらも木の幹や枝が折れていました。

 

緑地公園内は、
木々の枝や葉っぱが散乱していました。

 

県内全土で停電などの被害。

 

今回の15号台風では、
県内全世帯の約四分の一にあたる、
22万5千世帯が停電をしました。

 

その他に住宅被害も多く、
県内各地で倒木や、
屋根や外壁が飛びました。

 

特に台風が最も接近した枕崎市や、
薩摩半島の南部の地区では、
大きな被害が出ました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

台風のすごさを実感しました。

 

台風被害をニュースで見ても、
同じ鹿児島県内のことであっても、
ニュースの情報として見てしまうものです。

 

目の前の惨状を見てしまうと、
台風の大きさが実感できるものです。         

 

やはり、桜の倒木を、
自分の目で見るなど、
なんでも自分の身に、
起こらない限り分からないものですね。

 

わが身をつねって人の痛さを知る。

 

大きな被害地区からすると、
桜の木がどうしたの
と言われそうですね。

 

実際その通りだと思います。
でも「わが身をつねって、
ひとの痛さを知れ」といいます。

 

春に満開の花で、
人の気持ちを和ませてきた桜の木。

 

そんな大事にしていた木が、
なくなってしまうことも、
私にとっては「痛さ」です。

 

被害のあった方々に比べると、
取るに足りない「痛さ」かもしれません。

 

でも、今回の台風15号では、
目の前の折れた桜を見たことで、
被害の方々の「ひとの痛さ」まで、
思いが至ったのです。

 

 

春になって桜が見られないのは「痛い」です。

 

 

鹿児島の今年の夏は、
桜島の警戒レベル4の発令もそうですが。

 

今回の台風も、
同様に自然の脅威の前には、
「鹿児島のまち歩き」も、
まったくお手上げでしたよ。

スポンサードリンク