年の瀬のまち歩きで門松をみました。

年の瀬に門松を見てきました。

 

いよいよ、今年も後わずか
小晦日(こみそか)の鹿児島は
とっても暖かくて良い天気。

 

年の瀬の風景
見てみようと
今年最後のまち歩きをしてきました。

 

この前まで
クリスマス一色
まちは華やかな風景でした。

スポンサードリンク

 

まちは様変わり。

 

12月25日の夜を境に、
クリスマスから、
お正月の飾りつけに一変します。

 

ホテルやデパート、
それにレストランの飾りつけが、
一夜にして変わってしまいます。

 

飾りが豪華であれば、あるほど、
そのみごとなどんでん返しに、
拍手を送りたいほどです。

 

 

一夜明けるとガラリとお正月の飾りつけ。

 

 

お正月はやはり門松です。

 

姿を変えたお正月飾りでは、
やはり一番に目を引くのが、
門松じゃないかと思います。

 

新年を迎える、
門松は日本古来より、
続く伝統の正月かざりです。

 

すっと伸びた竹を、
とりかこむ葉ボタン、
赤いなんてんの実が良いですよね。

 

 

日本のお正月には門松ですね。

 

 

あちこちの門松を見てきました。

 

前から思っていたことがあります。
それは、市内にたててある、
いつくかの門松を見て回る事です。

 

しょうも無いと、
言われそうですね。

 

でも門松の周りに流れる、
正月を迎える空気を、
感じてみたかったのです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

まずは、仙巌園の門松。

 

鹿児島市の一番の、
観光スポットといってよい、
磯海岸にある世界遺産の仙巌園。(せんがんえん)。

 

毎年恒例のジャンボ門松が、
今年も園の入口にたちました。
高さは、1.8mもあるそうです。

 

孟宗竹や松の枝、
ナンテンなどは、自前の、
仙巌園のものを使っています。

 

正月三が日は、
着物姿で来られたお客様は、
入園は無料になるそうですよ。

 

 

仙巌園の門松はデカかった。

 

 

石橋と桜島と門松。

 

鹿児島市の浜町には、
石橋記念公園があります。

 

ここには、
藩政時代に作られた石橋が、
移築されています。

 

その石橋のたもとにも、
門松が立てられました。

 

石橋と門松、
それに桜島のコラボは、
ここでしか見られない、
鹿児島の年末の風景です。

 

 

石橋、桜島、門松はよそでは見られない。

 

 

鹿児島市役所の門松。

 

御用納めが終わった、
鹿児島市役所にも、
門松としめ縄が用意されました。

 

 

鹿児島市役所にも門松としめ縄が。

 

 

毎年、
福祉施設のゆうかり学園より、
寄贈される特製門松。

 

園の生徒達が、
一生懸命に作った、
門松が誇らしげに立っています。

 

 

毎年、福祉施設より寄贈されます。

 

門松の前にある、
みなと大通り公園の夜は、
イルミネーションがきれいです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

照国神社の社務所の門松。

 

お正月になると、
初詣客で賑わう、
照国神社(てるくにじんじゃ)

 

三が日の参拝客数は、
40万人ともいわれる、
照国神社

 

 

照国神社の参道は露店の設営中。

 

 

お正月の準備も、
神社の方だけでなく、
露店の方々も忙しそうです。

 

社務所の前の、
門松の横には、
手水鉢(ちょうずばち)があります。

 

 

社務所の門松と手水鉢。

 

 

大晦日の夜は、
多くの初詣客で、
ここもいっぱいになるのだろうな。

 

中央駅前の朝市にも門松。

 

JR鹿児島中央駅前の、
バスターミナルビルの裏には、
以前から続く朝市がたちます。

 

 

朝市には正月準備の買物客。

 

 

年の瀬の朝市は、
お正月の食材や、
飾り花を求める人で賑わいます。

 

今では、少なくなったけど、
道の脇にゴザをひいて、
花や野菜を売るおばちゃんもいます。

 

 

道端がお店になっています。

 

 

銀行の前の道で、
花はいらんね」と、
声をかけられました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

休み入った銀行の門松。

 

銀行の玄関にも、
門松がたってました。
もう年末の休みに入っているよう。

 

その門松には、
神社の狛犬よろしく、
ワンちゃんがにらみます。

 

 

門松の横ではワンちゃんがお留守番。

 

 

ワンちゃんの飼い主は、
朝市の買い物客か、
それとも道売りのおばちゃんか。

 

年の瀬までまち歩き。

 

今年も年の瀬まで、
まち歩きをして、
まちに立つ門松を紹介しました。

 

ホントは、
家の大掃除もあるけど、
年の瀬の風景を探して、
まちに出てしまった。

 

帰って、
申し訳程度に、
掃除をしようかな。

 

と反省しつつも、
また新しい年も、
鹿児島のまち歩きを楽しもう。

スポンサードリンク