鹿児島の年の瀬に朝市をまち歩き。

年の瀬をまち歩き。

 

今年も後わずかです。
鹿児島のまち
何だかせわしくなりました。

 

どうせなら
年の瀬の風景を肌で感じようと
今年最後のまち歩きに出かけました。

 

やはり
皆それも庶民が集まる場所
といえば市場ですよね。

 

そこで
鹿児島市内にある二つの市場
道路脇でしめ縄を売る場所を
歩いてきました。

スポンサードリンク

 

鹿児島の昔からの市場。

 

JR鹿児島中央駅前にある、
バスセンターの裏周辺で、
駅前朝市がたちます。

 

それともう一つ、
桜島桟橋のそばに、
滑川(なめかわ)市場があります。

 

また、JR鹿児島中央駅のそばに、
中州通りがあります。
その通りの脇でしめ縄が売られます。

 

このしめ縄売りは、
鹿児島の年の瀬の、
風物詩にもなっています。

 

 

以前は西駅だった頃からの朝市です。

JR鹿児島中央駅の前には朝市が立つ。

 

 

しめ縄売りと滑川市場は今年まで。

 

実は、
しめ縄売りと滑川市場は、
今年でなくなってしまうのです。

 

なぜかって、
それは「時代の流れ」です。
次第にしめ縄を買わなくなりました。

 

また、買い物は、
市場よりも便利なスーパーに、
行くようになりました。

 

滑川市場の閉鎖には、
高齢化と後継者不足にも、
原因があるようです。

 

 

それでもお正月の買い物で賑わいます。

 

 

鹿児島の景色を残したい。

 

駅前の朝市についても、
時代の流れが現れています。

 

こちらの朝市の規模も、
年々減少しています。

 

これらの市場の風景を、
残しておかなくちゃと、
思いながら歩いてきました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

年の瀬の朝市はにぎやかでした。

 

それでも、やはり年の瀬は、
正月用品を求めて、
多くのお客様でにぎわっていました。

 

朝市で売られるのは、
正月飾りの花木や、
野菜、果物、それに鮮魚です。

 

それに、
道路脇では道売りのおばさんが、
近郊の自宅で採れた、
野菜や花木を売っていますよ。

 

 

朝市の道端でも正月花が売られます。

 

 

鹿児島の野菜が売られます。

 

朝市では、
鹿児島近郊で採れた、
野菜が並びます。

 

お正月の料理に使う、
様々な野菜はもちろん、
サツマイモもありました。

 

種子島特産の、
安納芋(あんのういも)は、
甘みが強く、焼き芋が美味い。

 

 

種子島の安納芋は特に甘いのです。

 

 

近海の魚もさばきます。

 

正月料理では魚は外せません。
錦江湾や近海で獲れた、
鮮魚も売られています。

 

道路には、
魚の特設売り場が設けられ、
威勢のある声が飛び交います。

 

 

道に設けられた鮮魚の売り場。

 

 

店舗の中には、
さらに多くの種類の魚。
カンパチや私の好きなナマコまで。

 

 

ナマコが好きって変ですかね。

 

 

いつも思うのですが、
最初にこのナマコを食べた人って、
勇気がありますよね。

 

 

屋久島近海の首折れサバは人気。

 

 

屋久島で獲れる、
首折れサバは人気です。
料理屋でもすぐに売れてしまいます。

 

 

好きな魚をさばいてくれます。

 

 

お店では魚をさばいてくれます。
お目当ての魚を求める、
多くのお客様でいっぱいです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

道売りでは桜島小みかん。

 

果物では、
鹿児島らしいものが、
売られていました。

 

桜島小みかんが、
道売りの台に並んでいます。

 

 

ギネス認定の桜島小みかん。

 

 

この桜島小みかんは、
世界一小さいミカンとして、
ギネスブックに認定されているのですよ。

 

道売りのおばちゃんも頑張ります。

 

朝市では店舗だけなく、
道の脇にゴザをひいて、
野菜や花を売っています。

 

 

昔から道端で花や野菜を売っています。

 

 

もともと朝市は、
近郊の指宿などから、
野菜や花をJR指宿線を使って、
運んでいたのです。

 

そのために、
駅前にあった道端を、
野菜の売り場にしていたのです。

 

中州通りに行きました。

 

朝市があるJR中央駅前から、
車で5分程走ると、
中州通りに出ます。

 

交通量の多い道ですが、
その道路脇のスペースに、
しめ縄売りの露店がたちます。

 

 

道路脇でしめ縄を売っています。

 

 

このしめ縄売りも、
今年で見納めです。
道路の拡張工事に伴い、
売場のスペースがなくなるからです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

しめ縄を飾らなくなりました。

 

また以前に比べると、
しめ縄が売れなくなりました。

 

以前は、
各家庭の玄関や、
自家用車の前方には、
しめ縄が飾られるものでした。

 

お正月や祝日に、
各家庭で国旗を立てなくなった頃と、
時期を合わせるように、
しめ縄も飾らなくなりました。

 

そのために、
10以上もあった露店も、
今では、2店舗だけになりました。

 

 

しめ縄は家庭では飾らなくなった。

 

 

しめ縄や門松にしろ、
日本の伝統的なものが、
少しずつなくなっていくようです。

 

滑川市場も今年まで。

 

桜島桟橋の近くにも、
滑川(なめかわ)市場がたちます。
ここも今年で閉めてしまいます。

 

以前の滑川市場も、
戦後の闇市から始まり、
長い間、鹿児島の台所でした。

 

 

滑川市場は庶民の台所でした。

 

 

そして市場の近くには、
大きなスーパーが出来ました。
また市場の方の高齢化もあります。

 

それに合わせて、
市場をやめる人も出てきました。
そしてとうとう今年で、
滑川市場を閉めることになりました。

 

 

残念ながら閉めることになりました。

 

 

ここでも、
また鹿児島の風物詩が、
消えていきます。

 

何だか寂しいですよね。
これも時代の流れだから、
仕方がないのでしょうかね。

 

年の瀬の風景を紹介。

 

鹿児島の年の瀬の、
風景を求めて、
まちを歩いてきました。

 

駅前の朝市や、
中州通りのしめ縄売り、
滑川市場の様子を紹介しました。

 

今年で消える風景もあり、
今日のまち歩きで、
紹介できて良かったな。

 

 

スポンサードリンク