台風の目に入った鹿児島は青空。

台風の目に入った空は青かった。

 

 

 

平成26年のことしは
台風の当たり年です。

 

10月の台風は
珍しいのですが
今年は2回もやってきました。

 

おまけに
直撃したので
台風の目にもはいりました。

 

目に入ると
風がぴたりと止んで
おまけに青空まで見えるのですよ。

スポンサードリンク

 

ホテルではキャンセルが相次ぎました。

 

鹿児島は九州の最南端ですので、
アクセスも大きな、
キャンセルの理由になります。

 

特に離島への、
フェリーや飛行機は、
台風が来る方向へ向かいます。

 

まだ鹿児島市内の風が、
強くない時から、
早いなと感じられる欠航が発表されます。

 

 

風が強くない普段の鹿児島空港です。

 

 

反対に向かう飛行機は飛びます。

 

逆に大阪・東京方面に、
向かう飛行機は、
なかなか欠航がでません。

 

条件付きとかで、
降りる飛行場を変更してでも、
飛ぶ場合があります。

 

台風の雲の上に出ると、
青空ということもあります。

 

離着陸の安全が確保できれば
飛行機は飛ぶのです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

台風19号は近年まれにみる大きな台風。

 

その台風が今朝がた、
鹿児島の枕崎に上陸しました。

 

午前中の枕崎からの、
台風中継では、
暴風の真っ只中にいるはずです。

 

それがなんともおだやかな天気でした。
ときおり日差しが差すなかでの、
台風中継に拍子抜けしました。

 

 

台風が上陸した海岸です。

 

 

なんと台風の目からの中継。

 

台風の目に入ると、
良い天気になるのです。
不思議ですよね。

 

しばらくすると台風情報で、
「只今、台風の目は錦江湾を通過中です。」
と言ってるじゃありませんか。

 

窓の外には青空が出てきました。

 

早速、ベランダに出て見ました。
桜島には雲がかかっていますが、
青空が出ていました。

 

先程までの雨や暴風が、
どこに行ったのという感じです。 

 

台風の目の中は、
穏やかなお日様の光が差していました。
これが台風の目なのですね。

 

 

台風の真っ只中、台風の目では青空。

 

 

2時間程経過しますと突然風が。

 

台風の目を過ぎると、
たちまち空は曇ってきました。
桜島も隠れてしまいました。

 

台風の目から再び、
台風の真っ只中に入りました。

 

 

先ほどの青空が雲って風が強くなりました。

 

 

台風の目を、
かごしまの話題にするのも、
どうかなと思いましたけど。

 

台風の目に入ることって、
なかなかないので、紹介してみました。

 

 

スポンサードリンク