大正大噴火で桜島は陸続きになった。

大正大噴火で桜島は陸続きに。

 

 

 

平成26年は、
桜島の大正大噴火から、
ちょうど100年目です。

 

この噴火は、
桜島の数ある噴火の中でも、
最大級の大噴火でした。

 

地元の話題かと思いきや、
全国放送のニュースで、
取り上げられました。

スポンサードリンク

 

大正の大噴火で桜島は陸続きに。

 

この大正の大噴火は、
流れ出した溶岩で有名です。

 

桜島は、
大正の大噴火までは、
文字通り島でした。

 

それが噴火の溶岩で、
大隅半島と陸続きになったのです。
すごい爆発のエネルギーです。

 

 

桜島の爆発はすごいエネルギーです。

 

最近、火山活動が活発になってきました。

 

昨年も噴煙も高さが、
5,000mの噴火や、
爆発の回数も多かったです。

 

 

昭和火口から噴煙があがりました。

噴火予測と昭和火口

 

 

その現象を見ると、
いつ大正大噴火級の爆発が起こっても、
不思議じゃないという学者もいます。

 

 

スポンサードリンク
 

 

 

桜島はどのようにして誕生した。

 

ついでに桜島の、
誕生についても説明しますね。

 

桜島が浮かぶ錦江湾は、
姶良カルデラと呼ばれる巨大な穴でした。

 

この穴は、29,000年前の、
巨大噴火によって出来たものです。

 

 

地球の鼓動が感じられます。

  

 

 

この噴火で、
大量のマグマが噴出して、
南九州全域を埋め尽くしました。

 

その後約26,000年前に、
カルデラの南部で起きた、
噴火で出来たのが桜島です。

 

桜島は、昔から現在まで、
噴火を続けている活火山なのです。

 

 

スポンサードリンク
 

 

 

鹿児島では風向き予報が気になります。

 

桜島が噴火すると、
観光客の皆さまには、
喜んでいただきます。

 

鹿児島県民は、
爆発音は少しも気になりません。
気になるのは桜島の灰だけです。

 

 

あの灰の行方が気になるのです。

 

 

鹿児島の、
天気予報には、
必ず本日の風向き予報がでます。

 

鹿児島県人は、
天気予報で雨が降るかよりも、
風がどちらに吹くかが一番気になるのです。

 

桜島が爆発すると、
火山灰の除去に、
ロードスイーパーが出動します。
桜島の火山灰にロードスイーパー出動。

 

 

 

スポンサードリンク