桜島に初めての警戒レベル4が発令。

桜島に初めての警戒レベル4が発令。

 

 

 

鹿児島には、
活火山の桜島があります。

 

ところが、鹿児島地方気象台は、
8月15日の午前10時に、
噴火警報を出しました。

 

桜島では、
規模の大きな噴火が、
起こる可能性があるとのことです。

 

【現在は
この噴火警報は解除されています。
安心して下さいね。】

スポンサードリンク

 

噴火警戒レベル4は始めて。

 

鹿児島の桜島では、
警戒レベル4が出されたのは初めてです。

 

私は、桜島の噴火には、
慣れっこになっています。

 

そのために、
初めての警戒レベル4に、
あまりピンときませんでした。

 

ちなみに警戒レベルと言いますと、
警戒レベル3が「入山規制」になります。

 

そして今回の警戒レベル4が、
避難準備」です。

 

この「避難準備」により、
鹿児島市は火口周辺の約3キロの、
51世帯77人に避難勧告を出しました。

 

 

昭和火口からの爆発が予想されています。

 

 

火口周辺の約3キロの住民が避難。

 

鹿児島市は、
災害対策本部を設置しました。

 

本部からは、
午前中の避難準備を、
午後になって非難勧告に切替えました。

 

住民の方が、
高齢者福祉センター東桜島などの、
3ヶ所に避難しました。

 

鹿児島県では、
先日の口永良部島に続き、
噴火警戒による避難になりました。

 

口永良部島では、
最高の噴火警戒レベル5の特別警報で、
全島全員が避難しています。

 

 

スポンサードリンク

 

 

鹿児島市から警報メールが来ました。

 

警報レベル4が、
出された時に鹿児島市から、
警報メールが届きました。

 

私の携帯に、
聞いたことのない、
着信音が鳴りました。

 

メールの内容は、
「桜島に噴火警報レベル4が、
発令されました。

 

近くの方は避難の、
準備をして下さい。」というものです。

 

前回も大雨避難警報が、
発令された時に、
メールが届きました。

 

 

鹿児島市からこんなメールが届きました。

 

 

この時は夜中の2時に届きました。
メールの着信音で、
起こされた方も多かったようです。

 

該当地区に、
住んでいる方にとっては、
助かったはずですよね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

鹿児島市の市街地は普段と同じ。

 

鹿児島市内は桜島から、
離れているために噴火に対しても、
どこか平静を保っているようです。

 

いつも桜島の噴火には慣れているのです。

 

鹿児島では桜島の、
噴火で気になるのは、
噴火の規模よりも火山灰のことなのです。

 

桜島が噴火すると、
まずはその時の、
風向きを確かめます。

 

鹿児島の天気予報では、
必ず「今日の風向き情報」が流れるのです。

 

 

今日の桜島には雲がかかって静かです。

 

 

最近おとなしい桜島が気になります。

 

ただ、見た目には変わらない桜島でも、
様々な観測データーによって、
今回の避難警報レベル4だったと思います。

 

私は、専門的な事はわかりませんが、
気になることがあります。

 

それは、今年の春先には、
1日に3〜5回ほどの爆発を、
ほぼ毎日のように行っていました。

 

それが先月だけで、
3日ほどの爆発です。

 

今月の8月には、
鳴りをひそめたままなのです。
私でなくても不気味な感じです。

 

私達には自然の力には、
どうすることもできません。

 

出来るとすれば、
見た目に静かな、
桜島をただ見守るだけです。

 

 

スポンサードリンク