おはら祭り 2016 秋晴れでした。

おはら祭り 2016

 

 

 

鹿児島の秋を彩る
南九州最大の祭りが
鹿児島おはら祭りです。

 

鹿児島市内の
繁華街の天文館通り
踊り連が埋め尽くします。

 

今年のおはら祭りは
本当に最高の秋晴れの下で
行われました。

スポンサードリンク

 

なんといっても総踊り。

 

おはら祭りのメインは、
なんといっても総踊りです。

 

これは、各地から集まった、
踊りのグループが、
一斉に踊り出すのです。

 

色とりどりの着物や、
様々な衣装の、
踊り連の姿は壮観そのものです。

 

 

 

踊り連が一斉に踊り出します。

 

 

 

基本はゆかた姿です。

 

おはら祭りの、
踊りは浴衣を着て行います。
基本の衣装ですね。

 

 

おはら祭りは浴衣姿が基本です。

 

 

でも最近は、
それぞれ思い思いの、
コスチュームも増えました。

 

それに合わせて、
踊りに参加するグループも、
増えたような気がします。

 

 

スポンサードリンク

 

 

各地より集まります。

 

踊りのグループは、
市内や県内の、
各地から集まってきます。

 

各職場の学校、
また、町内会や同行の
グループが踊り連を作ります。

 

 

各地のグループで踊ります。

 

 

さらに県外からも
鹿児島県人会などが
おはら祭りのために帰郷します。

 

おはら節とハンヤ。

 

おはら祭りは、
おはら節はんや節に、
合わせて踊る祭りです。

 

お囃子(はやし)は、
三味線や太鼓と、
それに歌が加わります。

 

 

地方(じかた)の三味がお囃子。

 

 

お囃子は、
地方(じかた)」と呼ばれる、
民謡会の方々が担当されます。

 

はんや節は、
アップテンポの曲なので、
踊りが盛り上がりますよ。

 

 

スポンサードリンク

 

 

踊りの周りには見物客。

 

また、おはら祭りには、
多くの見物客も、
お見えになります。

 

踊りのコースには、
鹿児島の老舗デパート、
山形屋さんもあります。
山形屋のやきそば。

 

そのために、
買物を兼ねて、
おはら祭りを見に来られるのです。

 

 

山形屋のお客も見物します。

 

 

踊りの起点は市役所前。

 

おはら祭りの踊りは、
鹿児島市役所前から、
スタートします。

 

そのために、市役所前の、
港大通り公園は、
踊り連でいっぱいになります。

 

 

おはら祭りは市役所前からスタート。

 

 

また、公園の脇には、
出店が並びます。
まるでお祭り騒ぎのようです。

 

港大通り公園は、
おはら祭りが終わり、
しばらくすると、
イルミネーションがが点灯します。
みなと大通り公園のイルミネーション。

 

その時期になると、
多くの光の見物客が、
再び集まってきます。

 

 

大通り公園はお祭り会場に。

 

 

今年は、秋晴れでした。

 

例年、
おはら祭りは、
晴れが多いのですが、

 

今年は特に、
秋晴れの良い日でした。

 

今日の鹿児島市は、
おはら祭り一色に染まって
楽しい一日になりました。

 

 

 

スポンサードリンク