錦江湾サマーナイトは8月20日開催。

かごしま錦江湾サマーナイト。

 

 

 

かごしま錦江湾サマーナイト
鹿児島市の夏の祭りでは
最も盛り上がる大花火大会です。

 

その規模は、
鹿児島ならずとも、
九州でも最大級の花火大会です。

 

2016年は
8月20日(土)に決定しました。
今から楽しみです。

スポンサードリンク

 

鹿児島港の本港区で打上げ。

 

鹿児島錦江湾サマーナイトは、
桜島フェリーターミナルがある、
鹿児島港の本港区で開催されます。

 

本港区という、
桜島と錦江湾を望む、
絶好のロケーションでの花火大会です。

 

錦江湾の波間に映る花火は、
真夏の夜の夢のような、
一大スペクタルの花火の祭典。

 

 

かごしま錦江湾サマーナイト。

 

 

15000発の花火は感動もの。

 

打ち上げられる花火は、
なんと約15,000発
九州最大級の花火の数です。

 

その花火の中には、
1尺玉2尺玉
花火が連発で打ち上げられます。

 

その花火の開く大きさと言い、
ドーンとお腹に響く音と言い、
まさに感動ものですよ。

 

他には、創作花火や、
音楽に合わせた花火など
様々な仕掛け花火も楽しいです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

有料観覧席は早々と売り切れ。

 

花火の会場には、
有料観覧席が設けられます。

 

6月始めにチケットが発売開始。
すぐに完売になります。
それだけ人気があるのです。

 

もちろん、
観覧席以外の場所からも
花火は十分に見られますよ。

 

会場へは市電がおすすめ。

 

会場は、
かなりの人が来られます。
昨年はなんと13万人でした。

 

なお会場周辺は、
交通規制が行われます。
車の利用は避けた方が良いでしょうね。

 

会場へは、
市の電車が、
お勧めです。

 

 

花火を見るなら鹿児島市電がおすすめ。

鹿児島の市電の情報。

 

 

いづろ通り朝日通り電停で降りて、
歩いて5分で打上げ会場に着きます。

 

船の上から見る花火は最高。

 

また、船に乗って、
花火を海上から見る
方法もあります。

 

クルージングをたのしみながら、
船の上から花火を見ると、
最高の思い出になるでしょうね。

 

 

海上からの花火鑑賞もいい思い出。

 

 

桜島フェリーの、
桜島観光納涼船が、
出港します。

 

 

スポンサードリンク

 

 

サマーナイト以外の日も運営。

 

通常の日の就航では、
クルーズの途中で
水中花火が打ち上げられます。

 

鹿児島市街地の夜景と、
サマーナイトの花火を見ながら、
ナイトクルーズが楽しめますよ。

 

ただし、
かごしま錦江湾サマーナイトの日は、
予約が多いと思います。

 

鹿児島市の観光課か、
桜島フェリーに問合せて下さいね。

 

桜島フェリー
船舶局 営業課
電話 099-293-4785

 

 

ホテルはいっぱい、早めに予約。

 

当日は、九州各地から、
この花火をご覧になる方が、
多数お見えになります。

 

鹿児島市内の、
宿泊施設はいっぱいになります。

 

花火の観覧の予定があれば、
ホテルや旅館の予約は、
早めにしておきましょうね。

 

2016年は8月20日(土)。

 

今年(2016年)の
かごしま錦江湾サマーナイトは、
8月20日(土曜日)19:30より。

 

以上、決定しました。
お問合せは下記の
サンサンコールかごしまへ。

 

かごしま錦江湾サマーナイト花火大会
開催場所 鹿児島港本港区
開催日  毎年8月の第3か第4土曜日
時間   19:30〜20:40
問合せ先 099-808-3333

 

スポンサードリンク