観光レトロ電車「かごでん」で街観光。

観光レトロ電車「かごでん」

 

 

 

鹿児島市内には、
昔のチンチン電車が走っています。

 

近づくと見た目は、
チンチン電車ですけど、
何やら新しい車両です。

 

これは、観光レトロ電車です。
その名を「かごでん」と申します。

 

ここでは
観光レトロ電車の
かごでんを紹介しますね。

スポンサードリンク

 

「かごでん」を使ってまち歩き。

 

路面電車を使った、
鹿児島のまち歩きもいいですね。

 

路面電車の中でも、
レトロな「かごでん」に乗って、
のんびりとプチ旅もいいものですよ。

 

 

鹿児島の街中をかごでんがはしります。

鹿児島市の路面電車 かごでん

 

 

大正のチンチン電車をイメージ。

 

鹿児島市交通局が、
電車運行100周年(平成25年)を
記念して作られました。

 

ですから、
かごりんは、
まだ新しい車両なんですよ。

 

この電車は、
大正時代から昭和30年頃まで、
実際に走っていた20型電車です。

 

 

ユートラムとかごでんです。

 

 

といってもイメージしたもので、
レトロ感にあふれて、
とってもオシャレな車両なのですよ。

 

当時は、木造電車だったので、
外観は木目調になっています。
また、内装もまた木目調です。

 

照明も温かい感じの、
電球色を使い、
レトロ感を演出しています。

 

 

スポンサードリンク

 

 

チンチン・カンカンの音。

 

またチンチン電車の、
名前の由来ともなる、
チンチンという音も出ます。

 

また「カンカン」という音も。
「カンカン」は警笛の音です。

 

車両のモデルになった、
20型電車も同じ音だそうです。

 

電車の造りと、
音でもレトロ感を、
楽しんでください。

 

観光ボランティアガイドが同乗。

 

このかごでんには、
2名の観光ボランテイアガイドが、
乗り込んでいます。

 

鹿児島の街並みをめぐりながら、
観光案内をしてくれますよ。

 

車内は自由に動けますので、
ガイドさんの近くに行って、
いろんな会話も楽しめます。

 

鹿児島の見どころや
も聞いて見たらいかがでしょう。

 

人気のグルメ店お土産なども、
教えてくれるかもしれませんよ。

 

 

スポンサードリンク

 

 

JR鹿児島中央駅から出発。

 

このかごでんの運行は、、
毎週の土曜日・日曜日・祝日です。

 

10:00・11:10・13:10・14:20と、
1日に4便のかごりんが走ります。

 

出発は鹿児島中央駅電停から。
先着30人程度
の方が乗車できます。

 

 

鹿児島中央駅から出発。

鹿児島中央駅前電停

 

 

 

料金は、大人が340円で、
子供160円です。

 

市電・市バス・カゴシマシティビューの、
1日乗車券でも、
乗ることができますよ。

 

 

スポンサードリンク

 

 

街並みを70分で案内。

 

運行のルートは、往路が、
鹿児島中央駅前を出発して、
鹿児島駅前までになります。

 

鹿児島駅で、
10分の休憩タイムがあります。

 

復路が鹿児島駅前から、
天文館通り→交通局前→郡元→
鹿児島中央駅前までになります。

 

往路・復路の、
所要時間は70分になります。

 

往路の鹿児島駅前までは、
途中で降りることができません。

 

鹿児島駅前を折り返した後で、
あればどこでも降りることが、
できますので気をつけてくださいね。

 

 

新しい市立病院前をはしるかごでん。

市立病院前電停

 

 

あなたも「かごでん」に乗って、
レトロな雰囲気を味わいながら、
鹿児島の街並みを楽しみませんか。

 

かごでん、
他の鹿児島の、
路面電車の情報は、
鹿児島市交通局 鹿児島まち案内

 

観光レトロ電車「かごでん」
鹿児島市交通局 電車事業課
099-257-2116

 

 

スポンサードリンク