クイーンエリザベスが錦江湾に入港。

マリンポートかごしまに入港。

 

 

 

鹿児島の錦江湾には
マリンポートかごしま
という人工島があります。

 

「マリンポートかごしま」は
大型客船が接岸できる
大きなふ頭と公園があります。

 

近年、ここには
大型外国船
寄港するようになりました。

 

数あるクルーズ船の中でも
有名で人気のある
豪華客船が入港しました。

 

その船は、
「海の女王」と呼ばれる
クイーンエリザベスです。

スポンサードリンク

 

朝の6時にやってきました。

 

クイーンエリザベスが、
入港したのは、
なんと、朝の6時でした。

 

朝が早かったのですが、
朝しか見に行く時間が無かったので、
頑張って行ってきましたよ。

 

ちなみにクイーンエリザベスの、
総トン数は90,900トン、
乗客定員は2,068名です。

 

 

クイーンエリザベスが暗い中に入港。

 

 

朝6時はまだ暗かったです。

 

「マリンポートかごしま」には、
すでに大きな船体が、
少しずつ近づいて来ています。

 

あたりはまだ暗く、
クイーンエリザベスの船体は、
幻想的な灯りに包まれていました。

 

この暗い時間帯に入港する、
クルーズ船を見るのは初めてです、
写真はうまく撮れなかったけど。

 

 

船の灯りが幻想的でした。

 

 

受入れの準備がしてありました。

 

マリンポートかごしまには、
寄港を迎える準備が、
整っていました。

 

英語で表記された、
シャトルバスの案内がありました。

 

 

英語のバス案内で準備よし。

 

 

出港の16時までは、
鹿児島市内の観光に使われる、
バスがずら〜と並びます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

タグボートが誘導します。

 

月の光に照らされた、
クイーンエリザベスのそばで、
タグボートが誘導しています。

 

タグボートは、
大型客船が自由に動けないときに、
大型船を押したり、引いたりします。

 

 

大型船の出入港にはタグボートが出動。

 

 

大型客船の、
入港・出港時に、
活躍する縁の下の力持ちです。

 

当り前ですが、
この時間にしか見れません。

 

初めて見たタグボートに、
ちょっと感動しましたよ。

 

錦江湾に朝日が昇ります。

 

クイーンエリザベスが、
無事に接岸した直後に、
錦江湾に朝日が昇りました。

 

 

桜島と錦江湾の日の出です。

 

 

この時期の日の出は、
桜島の横に連なる、
大隅半島の山々から出てきます。

 

 

朝日を浴びるクイーンエリザベス。

 

 

クイーンエリザベスの入港と、
錦江湾からの日の出も、
一緒に見れてラッキーでした。

 

 

スポンサードリンク

 

 

日本発着は史上初です。

 

今回のクイーンエリザベスは、
日本発着のクルーズになります。
これって史上初なんですって。

 

神戸を出港、鹿児島、釜山(韓国)、
広島、高知に立ち寄った後に、
再び神戸に戻ってきます。

 

 

史上初の日本発着のクルーズです。

 

 

きっと日本人のお金持ちも、
沢山乗っているのでしょうね。
私にとっては、夢のまた夢ですけど。

 

今年もクルーズ船がやってくる。

 

マリンポートかごしまには、
年間にすると、
多くのクルーズ船が寄港します。
マリンポートかごしまのクルーズ船。

 

今年にやってくるクルーズ船は、
1月から6月に入港が、
決定しているだけでも50隻です。

 

今年いっぱいでは、
単純に考えても倍の100隻ですかね
なんだかすごい数です。

 

 

今年も大型クルーズが沢山やってきます。

 

 

これからも、
マリンポートかごしまが、
クルーズ船で賑わいそうです。

 

マリンポートかごしま
鹿児島市中央港新町

 

アクセス
国道225号脇田バス停から約750m
JR宇宿駅、市電脇田電停から約1,200m
鹿児島市の路面電車 脇田電停
車の場合は産業道路「金属団地」
交差点から海側へ直進します。

スポンサードリンク