チチビスコはネパールカレーのお店。

チチビスコのネパールカレー。

 

 

 

鹿児島まち歩き
鹿児島市の上之園町界隈を
ブラブラしています。

 

確かこの辺に
変わったカレー屋があることを
思い出しました。

 

変わっていたのは
店の名前でした。
それは、「チチビスコ

スポンサードリンク

 

カフェ風のカレー屋さん。

 

チチビスコの入口は、
カフェ風のドアでした。
でも何だか手つくりの感じです。

 

窓にかかった、
タペストリーのような看板には、
カレーとビールの店とあります。

 

カレーとビールってことは、
夜の方がメインなのかな。

 

でもランチメニューがあって、
営業中が出ているから、
大丈夫でしょう。

 

 

チチビスコの入口は手作り風。

 

 

ランチ時間を過ぎていました。

 

お邪魔した時間は、
ランチ時間を過ぎていました。

 

でも14:30がラストオーダー、
15:00までランチメニューあり、
ありがたいですね。

 

テーブル席と、
カウンター席があり、
奥には座席まであるのです。

 

ピアノやギターもあります。
やはり夜にはビールを飲みながら、
音楽を聴くお店ですかね。

 

 

チチビスコの店内、座敷もあります。

 

 

オーガニックのカレー屋。

 

入口近くの棚には、
様々な商品が置かれています。
まるで雑貨屋さんのようです。

 

良く見ると、
チャイセットやパパドなど、
聞きなれないものです。

 

 

聞きなれないものが並んでいました。

 

 

またオーガニックフェアや、
命のまつりなどの、
自然志向の雰囲気がします。

 

 

スポンサードリンク

 

 

細かいオーダーに応じます。

 

ランチメニューを見ると、
様々なカレーが並んでいます。
どれも美味しそうです。

 

カレーの辛さも選べます。
甘口・控えめ・中辛・ちょい辛・辛口
そして、お子様にはゼロ辛まで。

 

やっぱりありました、激辛
激辛は+100円で頂けます。
いずれは挑戦してみたいけど。

 

 

メニューでは色々と応じますよ。

 

 

ネパールカレーのお店です。

 

チチビスコのカレーは、
ネパールのカレーなんですって。

 

マスターが、
ネパールカレーに出会ってから、
ネパールの現地まで訪れて、
カレーの研究をして来たそうです。

 

スパイス」を食材や、
作る時の気候までも考えて、
使い分けるのがネパールカレーです。

 

欲張ってカレーを注文しました。

 

どれも美味しそうなので、
色々食べてみたい衝動にかられて、
マスターに無理を言いました。

 

二種類のカレーを食べたいです」
すると「良いですよ」とのこと。
気軽に応じてくれました。

 

カレーとごはんの量を調整して、
一つの皿に盛ってくれました。
ダブルスタンダードカレー

 

 

欲張って二種類のカレーを注文。

 

 

スパイシーでマイルドなカレー。

 

やってきました、
ダブルスタンダードの、
ネパールカレー、1,000円でした。

 

どちらも、
初めてに近い味でした。
トマトベースのようですが、
スパイスが旨さを引き立てます。

 

 

ネパールカレーはやみつきになりそう。

 

 

さすが、
ネパールで仕込んだカレーは、
やみつきになりそうな味でした。

 

 

スポンサードリンク

 

 

チチビスコって変わった名前。

 

ところで、
お店の名前のチチビスコって、
どんな意味なんだろう。

 

それは、マスターのお父さんが、
病床に伏した時の食事は、
ビスコだけを受付けたからです。

 

ビスコって、
昔から食べられている、
あのビスケットです。

 

ターバンがトレードマーク。

 

父親思いのマスターは、
少し変わっています。
それは頭にのっているものです。

 

実は、ネパール人よろしく、
頭にターバンを、
巻いているのです。

 

ターバンは、慣れてしまいますと、
とても調子が良いのだそうです。
コック帽子の代わりにもなります。

 

 

ターバンが似合チチビスコマスター。

 

 

また来てみたいお店でした。

 

ネパールカレーの、
チチビスコはインパクトある店。

 

スパイスの効いた、
ネパールカレーはもとより、
ターバンを巻いたマスター。

 

自然志向のお店の雰囲気。
そのどれもが、
印象に残るカレー屋さんでした。

 

チチビスコ
鹿児島市上之園町17-1
電話 099-250-0836
営業 11:30〜14:30
18:00〜23:00
休み 日曜日

 

 

 

 

 

スポンサードリンク