一本桜温泉で鹿児島を眺めながら入浴。

一本桜温泉でまったりと過ごす。

 

 

 

鹿児島まち歩き。
今日は鹿児島市内の高台にある
紫原(むらさきばる)に来ています。

 

久しぶりに温泉銭湯に入って
まったりとした時間を過ごしています。
その場所は一本桜にあります。

 

一本桜温泉センターです。
高台ゆえに浴場の大きな窓からは
鹿児島の町並が一望できますよ。

スポンサードリンク

 

高台の紫原団地にあります。

 

一本桜温泉センターの周りには、
紫原団地が広がっています。

 

紫原団地は、
鹿児島市で初めて造成された、
大型団地なのです。

 

1956年に造成が、
開始された頃の紫原は、
畑が広がる場所だったのです。

 

 

一本桜という場所にある温泉です。

 

 

いまは賑やかになりました。

 

昔は、坂を登りつめた所に、
一本の桜の木だけが立っていました。
ちょっとした桜の名所でした。

 

今の一本桜の場所には、
この一本桜温泉センターができて、
賑やかな場所になりました。

 

一本桜は、
今は、二代目の桜の木が、
地名とともに残されています。

 

 

二代目の一本桜の碑もあります。

 

 

銭湯ですが温泉なのです。

 

鹿児島市内の銭湯は、
ほとんどが温泉です。

 

ここ一本桜温泉も銭湯ですが、
かけ流しの温泉ですよ。

 

入浴料390円で、
いつでも温泉に入れるって、
有難いですよね。

 

 

一本桜温泉センターは高台にあります。

 

 

温泉の泉質は塩化物泉です。

 

券売機の入浴券を払ったら、
階段を降りると脱衣場があります。

 

そこにある温泉の泉質表によると、
泉質は塩化物泉のようです。

 

 

温泉の泉質は塩化物泉です。

 

 

効能は、
神経痛、筋肉痛、きず、
疲労回復などに良いとのこと。

 

塩分があるとのことですが、
無色透明でさらっとしていました。

 

いつもでも肌がツルツルして、
塩化物泉が持つ保湿効果は、
確かにありましたよ。

 

 

スポンサードリンク

 

 

紫湯と桜湯に分かれています。

 

男湯、女湯ともに、
紫湯と桜湯の二つがあり、
入口が分かれています。

 

ただし分かれているのは、
入口だけで、
中ではつながっていますよ。

 

 

休憩室からの眺めも良いのですよ。

 

 

大きなサウナと水風呂がある紫湯。

 

紫湯には、ジェト風呂や、
電気風呂の他に、
大きなサウナがあるのです。

 

それに合わせて、
浴槽と同じくらい大きな
水風呂もあるのです。

 

遠赤外線サウナは人気で、
何度もサウナと水風呂に、
繰り返し入る方も多いのですよ。

 

 

紫湯には様々なお風呂があります。

 

 

素晴らしい眺めの桜湯。

 

桜湯は、紫湯からは、
一段下がった場所にありますが、
岩風呂の造りです。

 

大きな窓に面していますので、
そこからの眺望が自慢です。
鹿児島の市街地が一望です。

 

蒸気サウナもあって、
ほてった身体を休めながら、
窓からの眺めに癒されますよ。

 

 

桜湯は岩風呂で眺めが良いのです。

 

 

一本桜温泉はいつでも入れます。

 

実は、一本桜温泉は、
24時間営業なのです。
でも毎日お掃除はしているのです。

 

紫湯と桜湯と、
二つのお風呂を交互に、
深夜の時間に清掃します。

 

それで24時間営業が、
可能なのですね。
いつでも入れるって有難いですよ。

 

 

スポンサードリンク

 

 

かけ流しの温泉です。

 

温泉銭湯の魅力は、
なんといってもかけ流しです。
溢れる温泉って贅沢ですよね。

 

ライオンさんは、
かかり湯や水風呂にいて、
その口から温泉や水が流れてきます。

 

この温泉水は、
飲んでも美味しくて、
ペットボトルで持ち帰る方も多いのです。

 

 

いつでも豊富な温泉が出てきます。

 

 

一本桜温泉には家族湯もあります。

 

一本桜温泉には、
一般浴場とは別に、
家族湯や福祉湯もあるのです。

 

様々なタイプのお風呂があって、
この中から選べます。

 

料金は、
一時間1650円からですが、
家族やプライベートで、
ゆっくりと入ることができますよ。

 

 

様々なタイプの家族湯もあります。

 

 

風呂上りもゆったり。

 

お風呂上がりには、
休憩室でゆっくりします。
マッサージチェアもあります。

 

私は、いつも、
コーヒー牛乳を飲みながら、
ここでボーとするのが好きなのです。

 

眺めも良くて、
かけ流しの温泉を楽しめて390円って、
ほんとに幸せだなと思ってしまいます。

 

 

風呂上がりのコーヒー牛乳が好きです。

 

 

鹿児島市は源泉数が日本一です。

 

鹿児島市は、
県庁所在地の中では、
源泉数が日本一を誇っています。

 

そのために、
鹿児島市内の銭湯は、
ほとんどが温泉なのです。

 

そんな温泉銭湯の一つ、
一本桜温泉で、まったりとした、
時間を過ごしてきました。

 

一本桜温泉
鹿児島市紫原6‐1-18
電話 099-250-2615
営業 24時間年中無休
駐車場 大型駐車場(無料)

 

 

 

 

 

鹿児島の銭湯は、
ほとんどが温泉です。

 

竹迫温泉は市内で一番古い温泉銭湯。

 

竹迫温泉も、
なかなか良いですよ。

スポンサードリンク