山椒は天文館にある貝汁とわっぱ飯の専門店。

山椒は貝汁とわっぱ飯のお店。

 

 

 

鹿児島まち歩きです。
今日は久しぶりに天文館を、
まち歩きしています。

 

天文館で夕食を取って、
帰ることになりました。
そこで入ったお店を紹介します。

 

貝汁とわっぱ飯の専門店、
山椒(さんしょう)です。
貝汁がとっても美味しかったです。

スポンサードリンク

 

天文館にある老舗です。

 

山椒さんは、天文館にあって、
昔からあるお店です。
老舗といっても良いでしょう。

 

山椒さんは、
どちらかと言いますと、
夜に繁盛するお店です。

 

繁華街の角にあるので、
飲んだ後の〆に、
立ち寄る方も多いそうです。

 

 

貝汁の山椒さんは夜が賑わいます。

 

 

私は夕方に入りました。

 

私が山椒さんに入ったのは、
夕方です、これから天文館が、
賑やかになる前の時刻です。

 

この時刻は、比較的、
ゆっくりとしているようです。

 

入って左にある、
カウンターにお客様がいましたので、
私は、テーブル席に座りました。

 

 

山椒に入ると左にカウンターがあります。

 

 

盛り合わせわっぱを注文。

 

メニューの中から、
盛り合わせわっぱ定食を注文。
貝汁付きで1580円です。

 

わっぱ飯の具材によって、
それぞれ値段がかわります。
定食には貝汁と小鉢が付きます。

 

もちろん、
わっぱ飯や、貝汁だけの、
単品でも注文できますよ。

 

 

盛り合わせわっぱ定食を注文しました。

 

 

わっぱ飯とは。

 

わっぱ飯とは、
「わっぱ」といわれる、
木を曲げた丸い容器のご飯。

 

もち米を使って、
具材と一緒に蒸した、
炊き込みご飯のことです。

 

 

わっぱ飯の前に冷ややっこが出てきました。

 

 

最初に、
漬物と冷ややっこが、
出てきました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

盛り合わせわっぱ飯が来ました。

 

やってきました、
盛り合わせわっぱ飯、
まだ湯気が出ています。

 

次に貝汁です。
上には、三つ葉が乗っています。
緑の色が鮮やかです。

 

貝汁とわっぱ飯のセットを、
見ると、いかにも健康的な、
食事という感じですよね。

 

 

貝汁とわっぱ飯は健康的な料理です。

 

 

まずは貝汁から。

 

まずは貝汁を一口すすります。
あさりの出汁が良く出ていて、
とても美味しいです。

 

 

貝汁が身体にしみわたります。

 

 

五臓六腑にしみわたります。
おそらくお酒を飲んだ後だと、
さらに感じるのでしょうね。

 

あさりもごろごろと入っています。
殻入れの容器が、
みるみる貝殻でいっぱいになります。

 

 

貝汁の殻でいっぱいになりました。

 

 

いよいよ、わっぱ飯を食べます。

 

わっぱ飯からは、
まだ湯気が立っているので、
レンズを拭きながら写真を撮りました。

 

出汁がしみたご飯は、
とても上品な味がしました。
具材の味と良く合います。

 

しゃけ、山菜、玉子などの、
様々な具材とのバリエーションを、
楽しめましたよ。

 

 

わっぱ飯の上品な味を楽しみました。

 

 

お得な情報を提供します。

 

会計の時に、
有難いサービスを頂きました。

 

21時までにお店を出ると、
割引してもらえました。

 

夜の繁忙の時間帯前に、
席の回転を図る作戦ですね。

 

それでも思わぬサービスに、
つい嬉しくなりました。

 

 

山椒で貝汁とわっぱ飯を楽しみました。

 

 

今日は、貝汁の山椒さんで、
美味しくて身体に良さそうな、
食事を楽しみました。

 

山椒(貝汁とわっぱ飯)
鹿児島市千日町9-1
電話  099-227-3040
営業  PM6:00〜AM2:00
    (金・土は〜AM2:30)
定休日 日曜日
鹿児島市電天文館電停より253m

 

鹿児島市の路面電車  天文館電停

 

 

スポンサードリンク