ジャズ喫茶の老舗「門」が幕を閉じます。

ジャズ喫茶・門が幕を閉じます。

 

 

 

鹿児島中央駅周辺で
ゆっくりしたいなら
もってこいの店がありますよ。

 

それは、鹿児島に昔からある
ジャズ喫茶
老舗「門(もん)」です。

 

大好きなジャズが聴けて
美味しいコーヒー
飲めるジャズ喫茶・門を紹介しますね。

 

 

お知らせです。

 

実は、ジャズ喫茶「門」は、
平成29年の9月に、
44年の歴史に幕を閉じることになりました。

 

この記事は、
鹿児島のジャズファンに愛された、
ジャズ喫茶門について書いています。

スポンサードリンク

 

門の入口は雰囲気あります。

 

門は一番街アーケードの、
路面電車通り沿いにあります。
円柱形のオシャレな建物です。

 

 

門の入口、なかなかよか雰囲気です。

 

 

その入り口は緑にあふれていて、
ジャズの老舗に、
ふさわしい雰囲気のお店です。

 

 

ジャズに酔いしれます。

 

ジャズ喫茶・門は、
高性能のスピーカーから、
流れ出る音を楽しめます。

 

アルテック社の、
どデカイスピーカーです。

 

鹿児島のジャズが、
好きなお客様も見えますが、
中央駅の近くですので、
列車の時間待ちの方もいるそうです。

 

 

アルテックのスピーカーからジャズが流れます。

 

 

レコードの数がなんと4,000枚。

 

ジャズ喫茶・門の魅力は、
なんといってレコードの数です。
その数は、なんと、4,000枚だそうです。

 

ビル・エバンス、マイルス・ディビス
ジョン・コルトレーン、ルイ・アームストロング
エラ・フィッツジェラルド・・いいですよね。

 

 

ジャズのレコードがなんと4,000枚です。

 

 

 

私のジャズ喫茶での心得は、
レコードの針と真空管のアンプで、
増幅された音をじっと聴くべし。

 

特に若い頃は聴きながら、
コーヒ1杯で何時間も粘っていました。
昔はそれが当たり前でした。

 

 

このレトロ感が心地よいのです。

 

 

時代は流れて変わりました。

 

今でも門には基本ジャズが、
好きな方が来るのですが、
最近はカフェ感覚のお客様もいるようです。

 

「話ができないのでボリュームを下げて」
と言われたそうです。

 

ジャズ喫茶に来てそりゃないだろうよ、
時代が変わったよね。」と、
門のマスターは苦笑うのです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

ジャズ喫茶・門は頑張っています。

 

元々、鹿児島市内で、
ジャズを聴かせる店は、
パノニカ、コロネットなどがありました。

 

全盛期には有名なプレイヤーも、
ライブを行う程でした。

 

今は門だけが、
ジャズ喫茶として残っています。

 

ですから昔からのジャズファンが、
門には集まってくるのです。

 

また、久しぶりに鹿児島に帰ってきた、
昔のジャズファンが懐かしがり、
ドアを開けるのです。

 

 

門にはジャズファンが集まってきました。

 

 

ジャズ喫茶・門はサイホン。

 

でも門はジャズばかりではありませんよ。
門のコーヒーは、なんと、
サイホンでたてるのです。

 

あの「コポコポ」という音をたてながら、
コーヒーの香りが漂ってきます。
これがなんとも美味しいのです。

 

 

サイホンでコーヒーをたてるって珍しいです。

 

 

「人生下り坂サイコー」でおなじみの、
こころ旅」の火野正平さんも、
この門に立ち寄ったそうですよ。

 

コーヒー好きな火野正平さんは、
自転車旅の途中で、
コーヒーを良く飲むそうです。

 

門のサイホンコーヒーを飲みながら、
「門のコーヒーとジャズ サイコー
なんて思ったのでしょうかね。

 

 

マスターのサイホンコーヒーはサイコ―です。

 

 

金曜日はディープなジャズバー。

 

実は、門は1階がジャズ喫茶ですが、
2階はジャズバーなんです。

 

このジャズバーはなんと金曜日だけ
オープンするのですよ(ホンマかいな)。

 

金曜日には、
1週間を待ちわびた常連客が、
ジャズを肴に酒を飲みにくるのです。

 

 

金曜日には常連さんがやってきます。

 

 

金曜日の門は、
鹿児島のジャズ好きが集まる、
ディープなスポットになるのです。

 

鹿児島のまち歩きで、
JR鹿児島中央駅に来ましたら、
ジャズ喫茶・門に立ち寄ってみませんか。

 

ジャズ喫茶・門(もん)
鹿児島県鹿児島市中央町19-10
TEL 099-252-6575

 

ジャズ喫茶「門」からお知らせ。

 

実は、今年(平成29年)9月で、
40年続いた店を閉める事になりました。

 

門がある場所が、
市街地再開発が始まるためです。

 

門のファンとしては、残念でなりません。
レコードと音響設備は、市内にある、
コーヒーイノベート」に引き継がれます。

 

ジャズ喫茶「門」さん、
長い間、ありがとうございました。

スポンサードリンク