マイアミ通りは光の回廊を結ぶ光の道。

マイアミ通りは光の回廊を結ぶ。

 

 

 

鹿児島市内にある、
イルミネーションスポットの、
一つにマイアミ通りがあります。

 

マイアミ通りは、
みなと大通り公園とドルフィンポートの
イルミネーションスポットを、
つなぐ道になっているのです。

 

これらは、まとめて、
冬季 光の回廊と呼ばれています。
みなと大通り公園のイルミネーション。

 

あなたも
光の回廊を歩きながら
イルミネーションのハシゴはいかが。

スポンサードリンク

 

マイアミ通りは、いずろから。

 

マイアミ通りは、
天文館という繁華街にある、
いずろ交差点から、
海岸に向かって伸びた通りです。

 

このいずろの名前は、
石灯篭(いしどうろう)
つまり石の灯篭が、
あったことから名前がつきました。

 

 

いずろ交差点には、大きな石の灯籠。

 

 

この石の灯籠は、
薩摩藩の頃は、
港を行き交う船の交通標識でした。

 

桜島・錦江湾ジオパークのロゴ。

 

石灯籠を過ぎると、
すぐに桜島・錦江湾ジオパーク
のロゴマークをかたどっった、
イルミネーションが現れてきます。

 

 

桜島・錦江湾ジオパークのロゴ。

 

 

ジオとは地球や、
大地をあらわす言葉です。

 

つまり、ジオパークとは、
大地の公園
という意味なのです。

 

桜島・錦江湾ジオパークは、
2013年に日本ジオパークに、
認定されました。

 

活火山の桜島と、
火山活動から生まれた、
錦江湾がジオパークの舞台なのです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

スノーフォール型のイルミ。

 

アイアミ通りの街路樹に設置された、
スノーフォール型の、
イルミネーションが、
光の道を演出します。

 

このスノーフォール型とは、
まるで雪が降るように光が流れる、
イルミネーションのことです。

 

とてもロマンチックですよ。

 

 

スノーフォールとイルカのイルミ。

 

 

よくみると、
それぞれのスノーフォールに、
イルカのイルミネーションがあります。

 

これは、
錦江湾に住んでいる、
イルカを表しているのですよ。

 

オシャレなラーメン屋さんも。

 

また、アイアミ通りの途中には、
有名なラーメン屋さんがあります。

 

それが、
薩摩思無邪(しむじゃ)
マイアミ通り店
です。

 

 

薩摩しむじゃマイアミ通り店。

 

 

通りから見るととても、
オシャレなレストランのようです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

マイアミにも出店しました。

 

思無邪は、
なんとアメリカのマイアミにも、
出店したというお店です。

 

お店の中もスタイリッシュな造りで、
ラーメンの味とともに、
鹿児島の人気店です。

 

マイアミ店は、
まだ入ったことがありませんが、
鹿児島中央駅前店
薩摩思無邪 中央駅前店

 

終点はドルフィンポートです。

 

マイアミ通りの突き当りには、
ドルフィンポートがあります。

 

ドルフィンポートも、
様々なイルミネーションが楽しめる、
人気のあるイルミネーションスポット

 

 

マイアミ通りの先には、ドルフィンポート。

ドルフィンポートのイルミネーション。

 

 

マイアミ通りのイルミネーションは、
車で通っても良いですが、
ぶらぶら歩くことをお勧めします。

 

冬季 光の回廊であるマイアミ通りから、
ドルフィンポートまでを、
セットで歩くのが、
夜のまち歩きの楽しみ方です。

 

マイアミ通りイルミネーション
点灯時間 12月1日〜1月31日
点灯時間 18:00〜22:00
アクセス 市電のいずろ電停で下車。

スポンサードリンク