2016年の七草詣りの日に初詣。

初詣は七草詣りの日。

 

 

 

鹿児島の
初詣の様子を
お知らせしています。

 

鹿児島で
初詣が多いのは、
照国神社と縣護國神社です。

 

今年は、この神社の初詣は
1月7日の
七草詣りの日になりました。

スポンサードリンク

 

鹿児島の七草の日は盛大です。

 

鹿児島では、
七草の日は、
意外と盛り上がるのですよ。

 

薩摩藩時代のころから、
七草の日には、
七草祝いを行います。

 

七草祝いは、
数えで七歳になった子供さんを、
地域の皆で祝う風習なのです。

 

七歳の子供さんは、
神社にお参りに行きます。

 

子供さんのいない家庭でも、
七草粥(かゆ)を作って食べるのです。

 

 

七草の日には、各家庭でも七草粥。

 

 

七草詣りの子供さんでいっぱい。

 

七草詣りは、
近くの神社で、
七草祝いの祈願を受けます。

 

七歳になった子供さんの、
成長と健康を、
神様にお願いするのです。

 

 

各地の神社は、七草詣りで賑わいます。

 

 

七草詣りは鹿児島独特の風習。

 

七草詣りは、
鹿児島の藩政時代から、
続いています。

 

南九州一帯に伝わる、
独特の風習なのですよ。

 

 

スポンサードリンク

 

 

七草詣りは七五三よりも盛大。

 

全国的に、
子供さんの成長を祝うものとして、
七五三がありますよね。

 

でも鹿児島では、
七五三さんよりも、
七草祝いの方が盛り上がるのです。

 

 

かわいい着物姿はいい思い出。

 

 

巫女さんも写真撮影のお手伝い。

 

 

男の子も女の子も一緒に。

 

七五三と違って、七草祝いは、
七歳になった男の子も、
女の子も一緒に祝います。

 

 

男の子も女の子も一緒に祝います。

 

 

男尊女卑と言われる鹿児島ですが、
どちらであっても、
地域の宝をみんなで祝います。

 

鹿児島は、
本当は、男女平等の気持ちが、
あるのかもしれませんね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

神社には、獅子舞いがいました。

 

獅子(しし)舞いの、
奉納がある神社もあります。

 

この獅子に噛まれると、
1年が健やかに、
過ごせると言われています。

 

 

獅子に噛まれると健康に育つそうです。

 

 

子供たちもかまれています。
これからも健やかに、
育っていくことでしょうね。

 

鹿児島には七草詣りの風習。

 

鹿児島には、
七草詣りといわれる、
鹿児島独特の風習があります。

 

 

七草祝いでは神社に参拝します。

 

 

七草詣りの日には、
各地の神社には、
子供達の成長を祝い、
健康を願う家族の姿が見えます。

 

 

 

スポンサードリンク