K10カフェから西郷さんの銅像を見る。

西郷さんの銅像を上から見る。

 

 

 

鹿児島の観光名所である
西郷隆盛の銅像には
連日多くの方が見えます。

 

この銅像の横に
二の丸ビルという
古い建物があります。

 

名前は
鶴丸城の二の丸
あった場所に由来しています。

 

そこに西郷隆盛と
大いに縁のある
K10(ケイテン)カフェがあります。

スポンサードリンク

 

Kカフェがオープンしました。

 

今年(平成27年)の4月に、
この二の丸ビルの5階に、
K10カフェ」がオープンしました。

 

このK10カフェは、
西郷さんにゆかりのあるカフェで、
西郷ファンには、はずせませんよ。

 

 

西郷さんの銅像横の二の丸ビル。

 

 

K10カフェはケイテンカフェ。

 

K10カフェのケイテンは、
西郷さんの生きる指針とした、
敬天愛人けいてんあいじんから。

 

名前からわかるようにこのカフェは、
西郷さんの情報が。
いっぱいあるのですよ。

 

なぜなら、お店のオーナーは、
なんと西郷隆盛の、
ひ孫の方なのです。

 

それが、西郷隆夫
(さいごうたかお)
さんです。

 

 

窓から銅像や中央公民館が展望。

 

 

西郷さんを上から見られます。

 

お店は、5階にありますので、
銅像を上から見ることができます。

 

いつも見ている銅像に比べると、
顔の表情がとても柔らかいのです。

 

何だか西郷さんの、
本当の姿を見ているようでした。
西郷隆盛銅像

 

敬天愛人を感じられます。

 

西郷さんについは、
様々な逸話が残っていますが、
その多くは人間愛に満ちたものです。

 

まさに敬天愛人で、
人を愛した西郷さんを、
感じてしまいました。

 

 

 

上から見ると西郷さんは優しい表情。

 

 

西郷薩夫さんと語りましょう。

 

ひ孫の西郷隆夫さんが、
西郷さんについての、
お話をして下さいます。

 

それもひ孫だからこそ、
出来る話なのです。

 

びっくりするような知られざることを、
聞くだけでも一見、
いや一聴の価値がありますよ。

 

 

西郷隆夫さんと語りませんか。

 

 

また、お店には、
西郷家につたわる秘蔵の写真もあり、
それらも公開しています。

 

こちらは、
一見の価値ですね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

東郷平八郎が尽力しました。

 

西郷さんの銅像を作ったのは、
鹿児島出身の、
安藤照(あんどうてる)
という彫刻家です。

 

他には、渋谷駅前の、
忠犬ハチ公像も作っています。

 

西郷さんの銅像は、
完成までに約10年を費やしたそうです。

 

そして、銅像建設には、
あの東郷平八郎が尽力しています。
西郷さんをく尊敬していました。

 

東郷平八郎は、
日露戦争で連合艦隊司令長官として、
ロシアのバルチック艦隊を、
破った鹿児島の英雄です。
東郷平八郎の像

 

西郷さんに見えるように。

 

銅像の台座の前には、
東郷平八郎が、
書いた文字のプレ‐トがあります。

 

実は、このプレートは、
空に向かって埋められています。

 

天にいる西郷さんに、
見えるようにしたとのことです。

 

 

東郷平八郎の思いは天までとどけ。

 

 

私達が普段、
見ているのは、
レプリカなんですって。

 

銅像を上から見て、
初めてわかる話ですよね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

フリードリンクでゆっくり。

 

K10カフェのメニューは、
ドリンクの他に、
スイーツや個数限定の、
ランチメニューもあります。

 

メニューの中でも、
うれしいのは、
フリードリンクになってることです。

 

これは、ゆっくりとお茶でも飲んで、
西郷さんについてお話をしましょうと、
フリードリンクにしたそうです。

 

K10ロールには丸に十の家紋。

 

私が注文したのは、
K10ロールの、
ケーキセット(800円)です。

 

「種子島の、
安納芋(あんのういも)
を使いました。」

 

パティシエの彩(あや)ちゃんが、
説明してくれました。

 

丸に十は
薩摩の島津家の家紋ですよ。

 

 

丸に十の字が入ったK10ロール

 

まち歩きの途中でどうぞ。

 

K10カフェは、
西郷さんの銅像の横のビルです。

 

西郷さんの銅像を上から見ながら、
西郷隆夫さんと、
西郷さんについて語って見ませんか。

 

K10(ケイテン)カフェ
鹿児島市城山町2丁目30番地二の丸ビル503号
TEL 099-295-4189
営業 10:00〜18:00
定休日 月曜日

 

 

鹿児島市内にある
西郷どんのゆかりの地を
色々と紹介しています。

 

西郷隆盛どんの足跡を訪ねる。

 

合わせて、
行ってみて下さいね。

スポンサードリンク