こむらさきは鹿児島一の老舗です。

ラーメン専門 こむらさき。

 

 

 

鹿児島で一番の
老舗ラーメンを食べに
天文館に行ってきました。

 

にぎわい通りのアーケードにある
その店の名前は
ラーメン専門こむらさきです。

 

鹿児島では
老舗のラーメン屋さんです。

 

地元の常連客や
観光客でにぎわうお店ですよ。

スポンサードリンク

 

にぎわい通りに昔から。

 

ラーメン専門こむらさきの創業は、
昭和25年といいますから、
老舗中の老舗のラーメン屋です。

 

お店がある天文館の、
にぎわい通りも、
昔からのお店が並ぶ商店街です。

 

こむらさきのお店のそばには、
にぎわい通りについての案内板があり、
天文館の歴史を解説します。

 

 

天文館のにぎわい通りの案内板です。

 

 

こむらさきは、目立ちますよ。

 

こむらさきは、角地に、
立っているために非常に目立ちます。

 

店の入口には、こむらさきを、
写真入りで紹介されています。
古そうな写真に店の歴史を感じます。

 

 

お店の歴史を感じます。

 

 

ここの本店は、
昭和25年から、
この地で頑張っています。

 

 

こむらさきはアーケードの中。

 

 

他に鹿児島中央駅の、
アミュプラザ鹿児島の地下にも
こむらさきの支店があります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

1階は、コの字のカウンター。

 

お店の1階はカウンターです。
それもコの字型で、
中の様子が良く見えるのです。

 

ラーメンを作るのを見ながら、
またつけものを食べながら、
ラーメンが出来るのを待ちます。

 

2階は、テーブルと、
お座敷になっています。
お好きな方をどうぞ。

 

 

コの字型のカウンターになっています。

 

こむらさきのラーメンです。

 

最初の印象は、
具たくさんのラーメンですね。

 

たっぷりのキャベツの中に、
これまたたっぷりな、
チャーシューとネギが乗っています。

 

チャーシューは、
黒豚を使っているとのことです。

 

一口で食べられるチャーシューは、
麺とキャベツとネギと、
一緒に食べられるのです。

 

一緒に食べることで、
ラーメンの美味しさが引き立ちます。

 

 

具たくさんのラーメンでした。

 

 

コクがあるのにあっさり。

 

スープは、トンコツを、
ベースにしたものです。
でもスープの味は、コクとあっさり

 

豚骨だけでなく、
鶏がらでダシを取り、
それとシイタケや昆布が入ります。

 

これが和風で、
上品な味を作っているのです。
これが老舗の味なのでしょうね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

オリジナルな麺が評判。

 

ラーメン専門こむらさきの話になると、
麺も話題になります。

 

台湾人の創業者がビーフンを、
ヒントに作ったオリジナル麺なのです。

 

ですからこむらさきの麺は、
ビーフンのような細めんですよ。

 

この麺は、独自の工夫を、
重ねて作られているので、
白くコシのある麺になっています。

 

 

すりおろしニンニクもあります。

 

 

私は、細麺が苦手なのです。

 

実は、鹿児島のラーメンは、
中太麺が多いのです。

 

私も若いころから、
中太麺を食べ続けているせいか、
細麺には、少し抵抗があります。

 

この細麺は、地元鹿児島でも、
好き嫌いが分かれています。

 

 

こむらさきのらーめんは、細麺です。

 

 

でも創業以来、
変わらない細麺を好む
お客様が見えるのでしょうね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

細めんでも熱烈なファン。

 

ラーメン専門こむらさきは、
リピーターが多いとも言われます。

 

細めんが好きな方には、
また食べたくなるラーメンで、
熱烈なファンも多いのでしょう。

 

またこむらさきは、
観光客が多い店でもあります。

 

老舗のラーメン屋の味は、
長い間に鹿児島のラーメンの、
代名詞にもなったのでしょうね。

 

値段が高いのが気になります。

 

鹿児島のラーメンは、
他県に比べると、
値段が高いと言われます。

 

その中でも特にいい値段が、
こむらさきでもあります。

 

今日、食べたラーメンが1000円
私にとっては、少し高いかな。

 

でもこれだけ長い間、
愛されてきたラーメンは、
高いなりの価値があるのでしょう。

 

 

ラーメン専門 こむらさき。

 

 

ラーメン専門 こむらさき 本店
鹿児島市東千石町11-19
電話 099-222-5707
営業 11:00〜20:30

 

 

スポンサードリンク