かごしまバル街でスペイン文化を再現。

バル街でスペインのバルを再現。

 

 

 

鹿児島市内では、10月に
かごしまバル街という
イベントが行われます。

 

これは、スペインのバル(BAR)
鹿児島市内で再現して
楽しもうという企画です。

 

私も
かごしまバル街に参加しました。

 

とっても楽しい
夜のまち歩きをしてきました。

スポンサードリンク

 

かごしまバル街は楽しいイベント。

 

スペインでは、バルといわれる、
居酒屋を飲み歩く習慣があります。

 

このスペインの習慣
鹿児島でも再現します。

 

楽しい文化を体験して、
まちの再発見をしようというのが、
かごしまバル街なのです。

 

これには、鹿児島市内の、
69店舗(平成25年参加店)の、
店が参加しました。

 

バル街に行かれる方は、
事前にチケットを3,500円で購入します。

 

 

バル街のチケットです。

 

チケットは、5枚つづりになっていて、
1枚で1店舗に入れるのです。
ですから5店舗をハシゴできるのです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

ピンチョスと呼ばれる「おつまみ」。

 

各店では、1ドリンクと、
1つのおつまみが楽しめます。

 

ピンチョスと言われるおつまみは、
各店の特徴のあるものが出てきます。
それぞれのお店の味が楽しめます。

 

 

スペイン直送の生ハムもピンチョス。

 

 

探検気分で夜のまち歩きができます。

 

普段から行こうかなと思っている、
お店の下見にもなります。

 

初めての店を、
探検するような気分で回るのです。

 

また、お店によっては、
サプライズのライブ演奏が、
あったりして楽しい夜を過ごせます。

 

 

ジャズグループの飛び入り演奏もあり。

 

 

ちなみに、私は家内と廻りましたが、
5軒では足りずに、
チケットを追加で購入しました。 

 

お客は、若い方が多いのですが、
私たちのようなシニア夫婦もいましたよ。

 

 

スポンサードリンク