かごしまバル街にはピンチョスがある。

かごしまバル街にはピンチョス。

 

 

 

鹿児島では毎年10月の夜に
行われる楽しいイベントがあります。
これをかごしまバル街と言います。

 

かごしまバル街とは
スペインのバルを巡る習慣を
鹿児島でもやってみようというもの。

 

ここでは、かごしまバル街と
バル街の本場スペインバル
ピンチョスについて紹介しますね。

 

スポンサードリンク

 

かごしまバル街はスペイン文化を再現。

 

そもそもバル街のバルとは、
スペインにある喫茶店や、
立ち飲み居酒屋食堂などさします。

 

スペインでは、
これらの立ち飲み居酒屋を、
飲み歩く習慣があります。

 

社交場としてスペイン人の生活には、
なくてはならないものです。

 

 

バル街のオープニングではフラメンコ。

 

 

気の置けない仲間と、
連れだって自分たちの、
ひいきの店をハシゴするのです。

 

こうして夜のひと時をバルで楽しむのです。
まさにラテン系の人々の、
人生を楽しむといった文化があります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

ピンチョスと呼ばれるおつまみ。

 

各店では、店自慢の、
ピンチョスといわれる、
一口のおつまみが出ます。

 

そして、夜遅くまで、
なじみの店を回るのです。

 

お酒を飲んだり、
ピンチョスを食べたり、
おしゃべりを楽しむのです。

 

 

シェフの特製ピンチョスが振る舞われました。

 

 

ピンチョスは、お店によって違っています。
焼き物や揚げ物があります。

 

さらにスペインならではの生ハムなど、
それぞれの店の料理人が、
自慢の料理を出すのです。

 

 

スペインから直送された生ハムです。

 

 

ピンチョスはスペイン語で「楊枝」。

 

色々な料理に、
楊枝(ようじ)を使って、
食べやすくしたのが始まりです。

 

そこからピンチョスとは、
スペインのバルで出される、
ひと口か二口で食べられる、
おつまみのことを言うようになりました。

 

各店の料理人が、
他の店と競い合うので、
どんどん種類が増えています。

 

 

ピンチョスで一杯やったら、次の店へ。

 

 

客には、美味しいピンチョスを、
少量ずつ食べながら、
多くの種類を食べられるのが人気なんです。

 

バル街の文化が広がっています。

 

このバル街は、
スペイン各地だけでなく、
世界中に広がりつつあります。

 

日本でも鹿児島だけでなく、
日本全国でバル街の、
イベントが開催されています。

 

このようなバルとピンチョスの文化を、
楽しむのがかごしまバル街なのです。

 

焼酎など、
酒好きな鹿児島には、
うってつけのイベントなのです。

 

 

 

スポンサードリンク