あくまきは薩摩の伝統保存食のお菓子。

あくまきは伝統的な保存食。

 

 

 

鹿児島には
かなり歴史のある
郷土スイーツがあります。

 

そのスイーツは
戦国時代からある
あくまきと申します。

 

伝統のある
郷土スイーツの
あくまきを紹介します。

スポンサードリンク

 

あくまきで端午の節句を祝う。

 

こどもの日には、全国的に、
ちまきを食べて、
子供の成長を祝います。

 

鹿児島では、
ちまきでは無くて、
あくまきを食べるのです。

 

あくまきは、
男の子の端午の節句を祝う、
鹿児島の伝統のお菓子なのです。

 

薩摩の伝統的なお菓子なら、
じゃんぼ餅もあります。
作家、向田邦子が愛したじゃんぼ餅。

 

 

でもなぜ「あくまき」。

 

あくまきを漢字で書くと、
灰汁巻きと書きます。
なぜなら、灰汁(あく)で作るからです。

 

もち米を竹の皮に包んで、
灰汁で半日程、
炊くと出来上がります。

 

灰汁で炊くなんて、
と思われる方もいるかもしれません。
でも、意外と美味しいのですよ。

 

 

あくまきは薩摩の保存食。

 

 

砂糖やきな粉をかけて食べます。

 

できあがったあくまきを、
食べやすい大きさに切って、
砂糖やきな粉をかけて食べます。

 

独特の味なので、
初めて食べる方には、
少し抵抗があるかもしれませんね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

あくまきは薩摩の伝統保存食。

 

実は、このあくまきは、
由緒のある食べ物なんですよ。

 

あくまきの始まりは、
武勇の誉高い薩摩藩主の、
島津義弘(しまずよしひろ)公です。

 

関ヶ原の戦いで、
薩摩藩の兵糧(ひょうろう)として、
用いたと言われています。

 

 

妙円寺詣りは島津義弘公をしのぶ祭り。

 

 

また、西郷隆盛が、
西南の役でも、
保存食として持って行ってます。

 

それで、西郷軍が戦い進んだ、
熊本や宮崎にも、
あくまきが広まっているのです。

 

鹿児島では、
保存食として、
昔から重宝されていたようです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

あくまきはスローフード。

 

このあくまきも昔は自宅で作り
近所や親せきの集まり、
みんなで食べたものです。

 

次第に核家族化や、
木灰を使わなくなった生活が進み、
昔のように家では作らなくなりました。

 

でも、最近は、
また見直されています。

 

あくまきは、
伝統のあるお菓子です。

 

また、合成の保存料や、
添加物を使わない、
スローフードなのです。

 

 

スローフードとして見直されています。

 

 

今は、いつでもありますよ。

 

昨今の希少価値ブームや、
健康食ブームが、
後押ししているのかもしれませんね。

 

今では、5月の時期だけでなく、
1年中、大きなお店等で、
見るようになりました。

 

あなたも鹿児島のまち歩きの際に、
鹿児島の伝統の郷土スイーツの、
あくまきを探してみませんか。

スポンサードリンク