げたんは下駄の歯に似ている郷土菓子。

「げたんは」は郷土菓子。

 

 

 

鹿児島に昔から伝わる、
名物郷土スイーツに
変わった名前の郷土菓子があります。

 

その名前を
げたんはと言います。
げたんはってどういう意味でしょう。

 

げたんはの形が
下駄の歯に似ていることから
この名前が付けられました。

スポンサードリンク

 

形が下駄(げた)の歯。

 

名前の由来は、形が台形で、
下駄(げた)の歯に似ているから、
つけられたと言われています。

 

昔は下駄は、
庶民にとって貴重品だったのです。

 

また下駄の歯は、
直接土に触れる部分であります。

 

 

下駄の歯に似ているので「げたんは」。

 

 

その貴重品である、
下駄に結び付けたり、
土に触れることも気にしない。

 

それを口にいれる、
お菓子の名前にできるところが、

 

いかにも薩摩人の、
発想のような気がします。

 

 

スポンサードリンク

 

 

思いっきり甘いのです。

 

げたんはの作り方は、
黒砂糖と、
小麦粉を練ります。

 

さらに、黒砂糖で作った糖蜜を、
表面に塗りますが、
乾燥させずに半乾きにするのです。

 

食べるときは、
その半乾きの糖蜜が、
手にべったりとつきます。

 

中も外も黒砂糖ですので、
すごく甘いです。

 

同じく甘くたれがかかった
伝統菓子といえば、
じゃんぼ餅があります。
名物じゃんぼ餅の平田屋

 

「げたんは」は、
黒砂糖を使った、
お菓子の代表選手です。

 

 

スポンサードリンク

 

 

庶民に愛されたお菓子。

 

昔から庶民に愛された、
素朴な伝統菓子です。

 

値段も庶民料金ですよ。
安いので、
駄菓子だと言われることもあります。

 

「げたんは」は、
スーパーやコンビニにも、
ありますので、すぐに手に入りますよ。

 

鹿児島県民は、
必ず口にしたことがある、
郷土のお菓子です。

 

 

鹿児島県民なら一度は口にしているはず。

 

 

鹿児島を代表する郷土菓子。

 

また他県で鹿児島の、
物産展示会などがあると、
郷土菓子として、顔を出します。

 

鹿児島出身でよその県に、
お住いの方へのお土産でしたら、
そのなつかしさから喜ばれると思います。

 

同じ様に鹿児島出身者に、
喜ばれるお菓子に、
金生饅頭があります。
金生(きんせい)饅頭は郷土のお菓子。

 

あなたも鹿児島に来られたら、
かごしま名物の郷土スイーツである、
げたんはを食べてみてくださいね。

 

 

スポンサードリンク