船魂(ふなたま)神社は、船の守り神。

船魂神社は、船の守り神。

 

 

 

鹿児島市内には
甲突川という大きな川が
町の真ん中を流れています。

 

その甲突川の
河口に近い場所に
新屋敷という町があります。

 

新屋敷の市街地の中に
小さな神社があります。

 

それは
船魂神社(ふなたまじんじゃ)です。

 

船魂神社に参拝してから
御朱印を頂いてきましたよ。

スポンサードリンク

 

船の魂って名前が気になります。

 

今日は、
その船魂(ふなたま)神社に、
行ってきました。

 

もちろん、
御朱印帳も、
持っていきましたよ。

 

でも船魂神社って、
初めて聞いたときは、
その名前がちょっと気になりました。

 

 

船魂神社は市街地の中にあります。

 

 

名前は、その場所が関係します。

 

江戸藩政の頃の、
甲突川付近は、
多くの船の往来がありました。

 

そのために、
多くの船を管理する、
薩摩藩の役所が置かれていたのです。

 

役所の周りには、
船に関する仕事があり、
多くの人々で賑わっていました。

 

 

船魂神社の近くには甲突川。

 

 

藩の役人、
船の鍛冶屋船大工
それを相手にした商人などです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

御船手の周りはにぎやか。

 

多くの人々が住むその地域は、
御船手(おふなて)」と呼ばれて、
甲突川の河口まで広がってました。

 

御船手はさらに広がり、
貿易、漁業、製塩業などで
大いに栄えました。

 

 

船の安全を祈願しました。

 

 

御船手に暮らす人々が、
信仰したのが船魂神社だったのです。

 

船の安全や、
海の産業の発展を、
祈願したということです。

 

東郷平八郎も祈願しました。

 

またこの船魂神社は、
新しい事や大事なことをするにも、
御利益があるとのことです。

 

そのために何と、
あの鹿児島出身の東郷平八郎も、
祈願に見えたそうです。

 

東郷平八郎が、
祈願したのは、
日露戦争で勝つことでした。

 

 

東郷平八郎も祈願しました。

 

 

ひょっとすると日本海海戦で、
ロシアの艦隊に勝利したのは、
船魂神社の神様の、
パワーだったのでしょうかね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

乃木静子夫人の像を再建。

 

参拝を済ませて、
社務所に御朱印帳を預けました。
その間、のぼりが目に入りました。

 

良くみると、
乃木静子夫人奉賛会
のぼりでした。

 

乃木静子夫人の、
銅像を、
建立しようとしているそうです。

 

奉賛会の事務局が、
この船魂神社にあったのです。

 

 

乃木静子夫人の奉賛会ののぼり。

 

 

乃木夫人は良妻賢母の鏡。

 

乃木静子夫人は、
乃木大将の夫人で、
船魂神社のある新屋敷に生まれました。

 

明治天皇の崩御の後に、
乃木大将とともに殉死しました。

 

夫人は、
良妻賢母としてたたえられ、
生誕のこの地に像が建てられました。

 

台座だけが残されました。

 

その後、
戦時の軍事資材として、
像が徴収されました。

 

今は、台座だけが、
残されています。

 

 

今は台座だけが残っています。

 

 

この台座に乃木静子夫人の像を、
再建しようとしているのです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

船魂神社の御朱印。

 

お話をうかがった後で、
御朱印をいただきました。

 

神社の御朱印は、
シンプルなものが多いのですが、
ここの御朱印も同様でした。

 

朱印が小さく字が、
はっきりしないのが気になりました。
それもまたがあります。

 

 

船魂神社の御朱印です。

 

 

船魂神社の興味深い話。

 

東郷平八郎や、
乃木大将夫人など、
興味深いお話を聞けました。

 

今日は、船の守護神として、
由緒ある船魂神社で、
御朱印をいただいてきました。

 

船魂神社の最寄りの、
電停は新屋敷電停です。(徒歩5分)
新屋敷電停

 

または、武之橋電停も。(徒歩5分)
武之橋電停

 

船魂神社
鹿児島市新屋敷5-15
電話 099-226-7457

 

 

鹿児島市内の
神社やお寺です。

鹿児島の神社仏閣と御朱印。

もちろん、
御朱印も頂きました。

鹿児島市外の神社は
こちらから紹介します。

鹿児島市外の神社。

合わせて、
読んで下さいね。

また、鹿児島市外の
お寺はこちらです。

鹿児島市外のお寺。

素敵な
御朱印を頂きましたよ。

スポンサードリンク