鹿児島市は県庁所在地で日本一の泉源。

鹿児島市内は、ほとんど天然温泉。

 

 

 

鹿児島市内は、
温泉の宝庫です。

 

県庁所在地では
鹿児島市の泉源数は
日本一を誇ります。

 

そのために
市内の銭湯は、
ほとんどが天然温泉なんですよ。

 

それぞれに銭湯によって、
特徴のある泉質を持っています。

 

スポンサードリンク

 

県庁所在地では日本一。

 

鹿児島市内の銭湯は、
温泉を利用した公衆浴場です。

 

温泉の泉源数は、
県庁所在地の中では、
なんと、日本一なんですよ。

 

まさに鹿児島市は、
温泉天国なんです。

 

 

鹿児島の銭湯はほとんどが温泉ですよ。

 

 

入浴料も安くて良いです。

 

銭湯の入浴料は、
ほとんどが大人390円です。

 

今回の消費税アップにも料金は、
据え置きで頑張っています。

 

銭湯には、大浴場だけではなく、
サウナや気泡浴、ジェットバス、
打たせ湯などの施設を備えています。

 

 

スポンサードリンク

 

 

朝早くから夜遅くまで。

 

銭湯は、朝5・6時から、
夜は10時ごろまで営業しています。

 

また、中には、
24時間営業の銭湯もあります。 
便利でしょう。

 

自分の時間に合わせて、
お風呂が利用できるので助かります。

 

朝のすがすがしい一番風呂もよし、
1日の疲れを、
癒すための夜の入浴もよし。

 

どの時間でも、
お手軽料金で、
温泉が味わえるって幸せです。

 

 

温泉銭湯で疲れをいやします。

 

 

地域の方が朝風呂会。

 

疲れもストレスも取れて、
健康の維持管理に
市内の銭湯は役立っています。

 

あなたも鹿児島市にお越しになったときは、
宿泊先の温泉や お近くの銭湯に、
出かけて見てはいかがでしょうか。

 

 

鹿児島市内の温泉銭湯。

 

 

特に朝は、地域の方々が、
朝風呂会」と、
称して集まっていることもあります。

 

あなたも、
地元の人と、
裸のつきあいをしてみませんか。

 

裸になって、
よけいなものは、
脱ぎ捨てて自分を解放してみましょう。

 

市内の温泉銭湯につかり、
地元の方とのふれあいがあれば、
きっとあなたの旅のよい思い出になりますよ。

 

 

 

 

スポンサードリンク