鹿児島市吉野町に鎮座する実方(さねかた)神社を訪ねる。

鹿児島市吉野町に鎮座する実方(さねかた)神社を訪ねる。

 

 

吉野町の実方神社を訪ねました。

 

 

鹿児島市の郊外にある、
吉野町の実方神社を訪ねてきました。
実方はさねかたと読みます。

 

実は西郷隆盛の片腕と云われた、
桐野利秋と従兄弟の別府晋介の、
誕生地が実方神社のすぐそばにあります。

 

実方神社は彼らの心の拠り所では、
なかったのかなかなと思いつつ、
実方神社に立ち寄ってきました。

 

【投稿日 令和3年5月5日】

スポンサードリンク

 

実方神社は高台にあります。

 

実方神社の前には、
「実方神社前」というバス停があります。
バス通りから一段高い場所に鎮座します。

 

古くから神社が建てられるのは、
その土地の高い場所が多く、
実方神社も同様に奉られていたようです。

 

坂を登って、
意外と広い境内のスミに車を停めました。

 

 

実方神社は高い場所に鎮座します。

 

 

実方公民館がありました。

 

実方神社の境内には、
実方公民館の建物がありました。

 

公民館があるとは、
実方神社が地域のコミュニティーの、
場所になっているのでしょうね。

 

地域の行事やお祭りなどは、
おそらく以前からこの実方神社で、
とりおこなわれてきたのでしょうね。

 

 

境内には実方公民館がありました。

 

 

実方神社の社殿に参拝しました。

 

実方神社の社殿は、
新しく建て替えられたらしく、
まだ新しさを感じる造りでした。

 

とりあえず社殿にて、
二礼二拍手一礼と儀礼の通りに、
拝殿参拝しました。

 

社殿の横には、
実方神社の由緒書きがありました。
実方町内会の方が書かれたようです。

 

 

新しさを感じる実方神社の拝殿に参拝です。

 

 

実方神社のご祭神。

 

由緒書きによりますと、
実方神社の創建もご祭神も、
はっきりわかりませんとのことです。

 

 

創建もご祭神もはっきりしませんが・・

 

 

ただ実方の名前からすると、
都の歌人である、藤原実方朝臣
(ふじわらさねかたあそん)と云われます。

 

それと大山祇神(おおやまつみのかみ)
こちらは山の神様です。
山に囲まれた土地なのでわかります。

 

さらに明治になると、
近くの天満宮を合祀しましたので、
菅原道真公がご祭神に加わりました。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

もともとは鎮守様では。

 

実方神社の境内には、
水神様・山神様・地神様の、
以前から祀られていたがあります。

 

 

昔からの神様の祠がありました。

 

 

そして12月に行われるホゼ祭りでは、
氏子代表が水神・山神・地神を祭ります。
昔からの祭りが引き継がれています。

 

そのことから実方神社は祖霊崇拝の、
鎮守様(その土地の神様)が、
もともとのご祭神だったのでしょうね。

 

鳥居の先に町並みが見えます。

 

実方神社の鳥居があります。
鳥居の先には町並みが見えます。

 

 

鳥居の先には実方の町並みが見えます。

 

 

以前は家はもっと少なくて、
ポツン・ポツンとあったのでしょう。
その中には西南戦争で散った若者の家も。

 

実方神社からすぐの場所にある、
桐野利秋と別府晋介の生誕地を、
この後に訪ねることにします。

 

実方神社に行ってきました。

 

鹿児島市吉野町にある、
実方神社に参拝してきました。

 

 

吉野町の実方神社に参拝してきました。

 

 

境内に残る祠から、
鎮守様がこの地を見守っている、
地域の人々の拠り所の神社でした。

 

ただ一つ、残念だったのは、
宮司や社務所がなくて、
御朱印が頂けなかったことですかね。

 

その地域の人々に中にいた、
西郷隆盛の右腕と言われた、
桐野利秋の生誕地はこちらから。

 

桐野利秋の生誕地である実方公園

 

また西南戦争では、
西郷隆盛の終焉の地で介錯を務めた
別府晋介の生誕地はこちらから。

 

西郷隆盛を介錯した別府晋介生誕地

 

実方(さねかた)神社
鹿児島県鹿児島市吉野町

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

スポンサードリンク

 

 

かごしまのその他の、

観光情報サイトはこちらから。

鹿児島ご朱印ボーイ
鹿児島、他の神社仏閣の御朱印を紹介。

鹿児島ご朱印ボーイ 南九州寺社巡り

鹿児島の歩き方
鹿児島県内の観光ガイド情報です。

鹿児島の歩き方  観光ガイド情報

かごしまの路面電車
鹿児島市の路面電車の情報です。

鹿児島市の路面電車 かごしま街案内

 

スポンサードリンク