最近の鹿児島まち歩きを紹介します。 (令和元年の8月9月10月の投稿記事)

最近の鹿児島まち歩きです。

 

ここでは最近の、
鹿児島まち歩きの情報をお届けします。

 

鹿児島のまちの、
新しいイベントお店を紹介します。

 

ここでは令和元年の月8月9月10月に、
投稿した記事を掲載しています。

スポンサードリンク

最近の鹿児島まち歩きを紹介します。 (令和元年の8月9月10月の投稿記事)記事一覧

今年も県内各地から、島津義弘公の菩提寺であった妙円寺(現在徳重神社)へ参ります。鹿児島城下から伊集院町の、徳重神社までを歩く妙円寺詣りは、秋の風物詩と言っても良いでしょう。【投稿日 令和元年10月18日】

秋になると鹿児島県内各地で、コスモスの便りが届きます。便りを聞くと遠くでも出かけます。でも鹿児島市内にも、すぐ行ける、コスモススポットがあるのですよ。【投稿日 令和元年10月15日】

前から気になっていた、伝承料理・豊祭(ほぜ)そばを、食べたいと思っていました。その豊祭そばが、喜入のグリーンファーム内にある、農園レストランで食べられるそうです。【投稿日 令和元年10月11日】

今日は、鹿児島市の喜入にある、観光農業公園に行ってきました。ここはグリーンファームと呼ばれます。そのグリーンファームで、農業体験をしてきました。農業体験と言っても芋ほりですけどね。【投稿日 令和元年10月9日】

鹿児島の夜のまち歩きを、楽しむイベントが今年も始まります。天文館バル街です。鹿児島の街が、お酒と食事と、そして音楽で溢れる街になります。【投稿日 令和元年10月4日】

鹿児島ラーメンは、地元かごっま人も大好きで、観光客の方にも人気です。そんな鹿児島ラーメンの激戦区で、2号店を出した豚とろラーメンの、天文館アーケード店を紹介します。【投稿日 令和元年10月2日】

カレー大好きな私が、楽しみにしているイベントがあります。カレーフェスタIN KAGOHUMAです。なにせ九州最大の、カレーフェスタなので見逃せませんよ。今年のカレーフェスタを紹介しますね。【投稿日 令和元年9月26日】

鹿児島まち歩きで、久しぶりにラーメンを食べに行きました。市役所近くのそばるというお店です。「そばる」は曜日によって、ラーメン屋さんか、おそば屋になる、二刀流の変わったお店なのです。【投稿日 令和元年9月17日】

鹿児島まち歩き人の私にとって、9月は特別な月になります。私の誕生日が9月26日ですが、そんなことよりも、9月24日は、あの西郷隆盛公の命日になるのです。命日には、西郷隆盛を祀る南洲神社では、秋の例大祭が行われます。また命日の前夜に、南洲墓地にて、行われるのは、西郷隆盛惜別譜 演奏会です。【投稿日 令和元年9月12日】

この度、鹿児島市喜入町の、喜入旧麓地区が、日本遺産に認定されました。早速、喜入旧麓(もとふもと)地区を、歩きながら様子を見てきましたので、どんな場所なのか、紹介しますね。【投稿日 令和元年9月3日】

鹿児島市喜入町の、喜入旧麓地区が日本遺産に、認定されましたので紹介しています。すでに、喜入旧麓地区の、水路の通り、牧瀬家武家門江戸時代の石垣を歩いてきました。次に紹介するのは香梅ケ渕肝付家歴代墓所、南方神社です。

囲碁(いご)の話題といえば、史上最年少のプロ棋士(きし)の、中邑菫(なかむらすみれ)ちゃん。年齢は、なんと10歳ですよ。昔ヒカルの碁という漫画では、囲碁に夢中になる子供達がいました。そんな囲碁に夢中の子供達は、鹿児島市の碁会所にもいるのですよ。【投稿日 令和元年8月30日】

鹿児島市の名山堀は、昭和の時代が止まったような場所です。その名山堀の路地裏に、古い雑貨と喫茶のお店を発見。お店の名前はスザクと言います。【投稿日 令和元年8月24日】

鹿児島市の名山堀といえば、昭和の時代が残る場所です。その名山堀に、水曜日だけ開く、沖縄そばの店があると聞きましたので、名山掘をまち歩きして探してきました。【投稿日 令和元年8月21日】

今年も鹿児島の街に、ジャズが流れる3日間がやってきます。それが鹿児島ジャズフェスティバル2019天文館の街角、天文館公園、アミュ広場にジャズの音があふれ出します。【投稿日 令和元年8月13日】

鹿児島市の鶴丸城(鹿児島城)は、薩摩藩主・島津氏の居城です。そして今、鶴丸城の大手門であった、御楼門(ごろうもん)が復元中です。最近、御楼門の工事現場を見られる、見学室が出来ましたので紹介します。【投稿日 令和元年8月10日】

スポンサードリンク