最近の鹿児島まち歩きを紹介します。 (令和3年5月6月7月の投稿記事)

最近の鹿児島まち歩きです。(令和3年5月6月7月の記事)

 

 

甲突川沿いの歴史ロードを散歩しました。

 

 

ここでは最近の、
鹿児島まち歩きの情報をお届けします。

 

鹿児島市の飲食店や、
お勧めスポット歴史スポットを、
紹介していますよ。

 

令和3年5月6月7月に、
投稿した記事を掲載しています。

最近の鹿児島まち歩きを紹介します。 (令和3年5月6月7月の投稿記事)記事一覧

リニューアルした黒かつ亭中央駅本店です。今日はJR鹿児島中央駅近くの、黒豚専門店の黒かつ亭で昼食です。黒かつ亭中央駅本店は、ビルの建替えで移転していましたが、元の場所へリニュールオープンしました。さっそく新装なった、黒かつ亭中央駅本店で、美味しい黒豚とんかつを食べてきました。【投稿日 令和3年7月26日】

松方正義の銅像を訪ねてきました。鹿児島の歴史探訪のまち歩きしています。訪ねたのは松方正義(まつかたまさよし)の銅像と生誕地です。松方正義は明治時代の政治家で、首相や大蔵大臣などを務め、なんと日本銀行を設立した人物です。日本実業界の大立者の、あの渋沢栄一にも匹敵する人物が、生まれた場所を訪ねてきました。【投稿日 令和3年7月21日】

鹿児島市の老舗のみまつパン屋さんを紹介鹿児島まち歩きです。最近、鹿児島市内には新しい、パン屋さんの開店が目立ちます。特に食パン専門店のオープンです。多くは全国チェーンのお店で、どこもオシャレな造りです。そんな競争激しい業界にあって、地元鹿児島で頑張る店があります。それは老舗のみまつパン屋さんです。【投稿日 令和3年7月16日】

長島美術館に行ってきました。鹿児島市の中で、桜島のビューポイントと呼ばれる、場所は幾つかあります。そんな時に私が勧めるのは、高台にある長島美術館の庭です。長島美術館は、鹿児島市と桜島が一望できて、多数の野外彫刻が無料で見られます。【投稿日 令和3年7月10日】

鹿児島県立博物館の入口です。今日はまち歩きの途中で、鹿児島県立博物館に寄ってきました。鹿児島県立博物館は、鹿児島の自然を学べる施設です。鹿児島の自然を表現する、オブジェが沢山あって楽しめますよ。ここは無料で入れる観光スポットです。【投稿日 令和3年6月29日】

天保山砲台跡を紹介します。鹿児島まち歩きで、鹿児島市を流れる甲突川河口の、右岸にある天保山町に来ています。その天保山町には、松林が広がる天保山公園があります。公園にある天保山砲台跡は、薩摩藩が錦江湾の各地に設置した、大砲をすえた砲台の一つになります。【投稿日 令和3年6月21日】

武家門が残る垂水麓を散策しました。鹿児島のまち歩きです。今日は鹿児島市を離れて大隅半島の、垂水市の垂水麓を散策します。鹿児島県には麓(ふもと)と呼ばれる、薩摩武士が住んだ集落跡があります。110程あった麓の内の11麓が、令和元年に日本遺産に認定されました。今日はその中の垂水麓を紹介しますね。【投稿日 令和3年6月18日】

城山をバックにした黎明館です鹿児島市の城山町にある、黎明館(れいめいかん)は鹿児島城の跡地。地元の方は鶴丸城と呼ぶ方が多いですが。黎明館の前には鹿児島城のお堀や、再現された御楼門(ごろうもん)があり、私も良くまち歩きに来るのです。今日は黎明館の常設展示にある、鹿児島の歴史を表すジオラマに、感動したので紹介してみたいと思います。【投稿日 令和3年6月12日】

昔あって今は無い七ツ島の碑を見つけました。鹿児島市の、七ツ島サンライフプールがあるのは、七ツ島1丁目という地名の場所です。この七ツ島とは、この地に昔あった七ツの島から名付けられた地名なのです。今は陸地となっていますが、七ツ島があった場所に記念碑があると、聞きましたので行ってみました。【投稿日 令和3年6月9日】

射場山跡の奥がラ・サール学園です。鹿児島市の小松原町には、進学校のラ・サール学園があります。そのラ・サール学園の横には、こんもりとした丘の公園があります。射場山(いばんやま)公園です。幕末期に射場山公園周辺では、島津斉彬(なりあきら)公により、洋式砲術の大規模演習が行われました。【投稿日 令和3年6月3日】

永田川岸に建つ煙硝倉跡之碑です。鹿児島市の小松原に来ています。島津久光の玉里別邸跡である松林が美しい小松原公園を訪ねました。その小松原公園から進むと、永田川の下流域の川岸に出ます。川岸を上流の方へ少し歩くと、見えてくるのが煙硝倉跡之碑です。煙硝倉とは火薬製造所の事です。【投稿日 令和3年6月4日】

鹿児島市の小松原公園を紹介します。鹿児島市には、小松原と呼ばれる場所があります。小松原は住宅街なのですが、その一角に松の木が密集して、立ち並ぶ小松原公園に来ています。今はご近所の憩いの場ですが、以前は島津家のお屋敷がありました。そんな小松原公園を紹介しますね。【投稿日 令和3年5月29日】

島津いろは歌がある道を歩いてきました。鹿児島まち歩きで、お勧めの散歩道を尋ねられたら、甲突川沿いの散歩道をお勧めします。甲突川の河畔に建つ、維新ふるさと館の周辺は、薩摩の歴史に触れられる道です。その道に建つ石柱には、島津いろは歌が刻まれています。この島津いろは歌の内容に驚きました。【投稿日 令和3年5月27日】

帯迫鎮守神社に参拝してきました。鹿児島市街地から離れた郊外で、吉野台地周辺のまち歩きしています。吉野町の帯迫にある神社に来ました。帯迫鎮守(おびざこちんじゅ)神社です。鎮守様を祀る神社ですが、周辺の人々からはお石様と呼ばれ、安産のご利益がある神社です。【投稿日 令和3年5月13日】

吉野町の実方神社を訪ねました。鹿児島市の郊外にある、吉野町の実方神社を訪ねてきました。実方はさねかたと読みます。実は西郷隆盛の片腕と云われた、桐野利秋と従兄弟の別府晋介の、誕生地が実方神社のすぐそばにあります。実方神社は彼らの心の拠り所では、なかったのかなかなと思いつつ、実方神社に立ち寄ってきました。【投稿日 令和3年5月5日】

スポンサードリンク