鹿児島の名物郷土菓子を紹介します。

鹿児島の名物郷土菓子。

 

鹿児島に昔からある美味しい、
色々な郷土菓子を紹介しています。

 

その他に伝統的な郷土菓子の、
あくまきげたんはそれに、
じゃんぼ餅の店などを紹介します。

スポンサードリンク

鹿児島の名物郷土菓子を紹介します。記事一覧

鹿児島にはかるかん(饅頭)という名前のお菓子があります。伝統的な郷土のお菓子です。鹿児島のお土産として買って行かれる方も多いのです。

鹿児島にはかなり歴史のある、郷土菓子があります。それは戦国時代からある、あくまきという食べ物です。

鹿児島に昔から伝わる、変わった名前の郷土菓子があります。その名前をげたんはと言います。げたんはってどういう意味なのでしょう。

鹿児島の天文館に、山形屋デパートがあります。その地下の食品売り場に、名物の郷土スイーツがあります。それが金生饅頭(きんせいまんじゅう)です。

鹿児島市の山形屋デパートには、名物の金生まんじゅうがあります。それが令和を記念して、令和まんじゅうを販売しています。【投稿日 令和元年5月4日】

鹿児島には昔から伝わる郷土菓子がたくさんあります。その中でじゃんぼ餅を紹介します。じゃんぼ餅は主に磯地区周辺で、製造販売されています。

鹿児島市の仙巌園の近くには、錦江湾沿いの磯街道があります。そこにはじゃんぼ餅屋が集まっています。その中で作家向田邦子さんが、愛した桐原屋さんを紹介しますね。

鹿児島まち歩きをしていると、お菓子屋さんに出くわします。そんな中から鹿児島市天文館にある、蜂楽(ほうらく)饅頭を紹介します。

最近よく見かけるのが、バレンタインの文字です。バレンタインが近づく天文館のアーケドで見つけたのが、久遠(くおん)チョコレート鹿児島です。

鹿児島市の天文館にあるのが、菓々子横丁(かかしよこちょう)です。郷土お菓子もあり、鹿児島のお土産に買われます。

スポンサードリンク