鹿児島の郷土菓子のふくれ菓子は天文館のまるはちふくれ菓子店にありました。

天文館のまるはちふくれ菓子店

 

鹿児島の案内人のどんちゃんです。
今日は鹿児島らしいお菓子を求めて、
天文館のお店にやってきました。

 

そのお菓子はふくれ菓子です。
ふくれ菓子は鹿児島では、
昔から作られてきた郷土菓子です。

 

そのふくれ菓子の専門店である、
まるはちふくれ菓子店を紹介しますね。

 

【投稿日 令和2年2月26日】

スポンサードリンク

 

まるはちふくれ菓子店の場所。

 

まるはちふくれ菓子店があるのは、
天文館の金生町です。
金生町は商店街の町です。

 

一番大きな商店は、
鹿児島の電車通り沿いの、
古い歴史の山形屋デパートです。

 

まるはちふくれ菓子店は、
山形屋前の電車通りの裏通りに、
ひっそりと建っていますよ。

 

 

まるはちふくれ菓子店です。

 

 

裏通りにポツンと1店舗

 

アーケドのある表通りは、
人の通りも多く賑やかなのですが、
ここの裏通りにはお店が無いのです。

 

そんな裏通りにポツンとあるのが、
まるはちふくれ菓子店です。
まさに裏通りにポツンと1店舗なのです。

 

しかもふくれ菓子という、
昔からの郷土菓子を売っています。
そんなちょっと気になるお店です。

 

 

郷土菓子のふくれ菓子の専門店です。

 

 

ふくれ菓子は7種類あります。

 

まるはちふくれ菓子店の、
店内はとても清潔感あふれるお店です。
様々な種類のふくれ菓子が並んでいます。

 

 

様々なふくれ菓子が並びます。

 

 

正面の壁には、
ふくれ菓子の種類が表示されています。

 

プレーン、ココア、けせん、抹茶、
落花生、黒砂糖、しょうがの味。
全部で7種類です、けっこうありますね。

 

 

7種類のふくれ菓子があります。

 

 

ふくれ菓子とはどんなお菓子。

 

カウンタ―には、
試食用のふくれ菓子がありました。
これで7種類の味がわかります。

 

私はプレーン味を試食しました。
一見すると蒸しパンのようですが、
もちもちとした食感がいいですよ。

 

 

試食用のもちもちとした食感でした。

 

 

そんなに甘くなくて、
とても美味しいのですが、
素朴で懐かしい味がしました。

 

ふくれ菓子は手作りにこだわります。

 

まるはちふくれ菓子店では、
昔ながらの手作りなので、
私が幼少の頃に食べた味なのでしょうね。

 

保存料や着色料などは使わずに、
手間暇かけてつくるそうですよ。
安全安心な郷土菓子なのです。

 

 

ふくれ菓子は懐かしい味がしました。

 

 

お店の説明には、
あの篤姫(あつひめ)も食べたと、
書いてあります。

 

 

篤姫も食べた歴史ある郷土菓子です。

 

 

ふくれ菓子は、
藩政時代からあったとは、
歴史ある郷土菓子だったのですね。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

ふくれ菓子は値段も手ごろ。

 

ふくれ菓子の値段は、
大が380円、小が140円です。
お手頃の値段ですよね。

 

種類も多いので、
色々と選べて楽しいですよ。
1個づつのパッケージもオシャレです。

 

 

オシャレで手土産にもいいかも。

 

 

個数に合わせたの化粧箱は、
ちょっとした手土産としても、
いいかも知れませんね。

 

鹿児島の郷土菓子といえば、
げたんはも有名ですよ。
げたんはについてはこちらから。

 

鹿児島のげたんは下駄の歯に似ている郷土菓子。

 

昔からあるお菓子では
じゃんぼ餅もあります。
私の好きなじゃんぼ店はこちら。

 

鹿児島の名物じゃんぼ餅は平田屋さんがお勧めです。

 

なお鹿児島県内で人気がある、
伊集院まんじゅう、加治木まんじゅう、
湯之元せんべい、チーズ饅頭はこちらから

 

鹿児島県内の人気銘菓4選です。

 

日置市伊集院名物の伊集院まんじゅう

 

まるはちふくれ菓子店
鹿児島市金生町7-21
電話 099-227-5112
営業日 10:00〜19:00
定休日 不定休
駐車場 無し
市電の朝日通電停より徒歩2分

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

スポンサードリンク

 

 

かごしまのその他の、

観光情報サイトはこちらから。

鹿児島ご朱印ボーイ
鹿児島、他の神社仏閣の御朱印を紹介。

鹿児島ご朱印ボーイ 南九州寺社巡り

鹿児島の歩き方
鹿児島県内の観光ガイド情報です。

鹿児島の歩き方  観光ガイド情報

かごしまの路面電車
鹿児島市の路面電車の情報です。

鹿児島市の路面電車 かごしま街案内

 

スポンサードリンク