鹿児島の繁華街・天文館の情報。

天文館は鹿児島の繁華街。

 

 

南九州一の
繁華街といわれる
天文館」の情報を紹介しています。

 

 

美味しいお店がある
七味小路通りなどは、
お勧めの場所です。

 

 

スポンサードリンク

鹿児島の繁華街・天文館の情報。記事一覧

鹿児島の繁華街を、「天文館」と言います。天文館は、東西南北に1キロ四方の区画に、様々なお店や飲食店、レジャー施設が集まっています。グルメのお店や、ナイトスポットが立ち並ぶ、南九州一の繁華街なんですよ。また藩政時代には天文観測所があったことから天文館になりました。

鹿児島の繁華街である、天文館をぶらりと歩くことを、「テンブラ」といいます。そんなテンブラをしているときに、ちょっと一息したい時があります。そんな時におすすめのお店がありますよ。かつお節の一番ダシでつくったスープが飲める店がなのです。

天文館には名前の由来になった天文観測所がありました。薩摩藩主の島津重豪(しげひで)が作った明時館(別名天文館)です。その天文館があった一画に宇宙情報館があります。

鹿児島のまち歩き天文館の案内は続きます。ここでは、夜のまち歩きにお勧めの通りを紹介しますね。鹿児島の天文館には七味小路通りという小さな通りがあります。七味小路通りには個性的なお店が集まっていますよ。

鹿児島まち歩きで天文館に行ったら何かと便利なスポットがありますよ。天文館の色々な情報も手に入ります。その他、天文館のまち歩きの強力な助っ人がいます。それが「天まちサロン」なのです。天文館にお見えになったら覗いてみて下さいね。

鹿児島市の天文館にある、七味小路通りを紹介しました。そこより二筋離れたところにも美味しい店が集まった通りがあります。その名もずばりグルメ通りです。通りの名前に恥じないお店が連なっていますよ。

鹿児島まち案内で天文館地区を紹介しています。ここでは天文館にある公園を紹介します。それは、「ザビエル公園」です。天文館電停より歩いて5分程のところにあります。キリスト教を日本に伝えたフランシスコ・ザビエルを記念した公園です。

今日は、鹿児島市の天文館をまち歩きしてきました。天文館をぶらぶらと歩くことを「テンブラ」といいます。私が若いころは良く言ってましたが最近は、あまり使われないようです。テンブラしていると鹿児島のお土産がそろうお店を見つけました。

スポンサードリンク