鹿児島市維新ふるさと館に大河ドラマ「西郷どん」が加わってリニューアルされましたよ。

鹿児島市維新ふるさと館を紹介。

鹿児島市の加治屋町にある、
維新ふるさと館がリニューアル。

 

鹿児島の偉人達をわかりやすく、
そして楽しく学べる施設です。

 

そこに大河ドラマ「西郷どん」の、
シアターコーナーができました。

スポンサードリンク

 

維新ふるさと館の場所。

 

維新ふるさと館があるのは、
鹿児島市の加治屋町です。

 

この加治屋町は、
明治維新で活躍した偉人達が、
多く生まれた場所です。

 

 

維新ふるさと館は加治屋町にあります。

 

 

甲突川の河畔に建っている、
維新ふるさと館に行くには、
南洲橋を渡って行きます。

 

南洲翁(なんしゅうおう)とは、
西郷隆盛のことをいいますが、
その名前がついた橋なのです。

 

 

甲突川にかかる南洲橋を渡ります。

 

 

西郷誕生地の前に駐車場。

 

車でお越しの方は、
専用の駐車場があります。

 

その駐車場の前には、
西郷隆盛の生誕地があります。

 

公園になっていますので、
立ち寄ってみて下さいね。

 

 

駐車場の左側が西郷隆盛生誕地です。

 

 

かわいい西郷さんが迎えます。

 

維新ふるさと館に入りますと、
デカイ顔が近づいてきました。

 

ゆるキャラの西郷君です。
一緒に写真を撮って、
維新ふるさと館の記念にどうぞ。

 

 

かわいい西郷君がお迎えします。

 

 

 

入ってすぐの場所は、
ゆくさおさいじゃした通り」です。
ようこそお越しくださいました。

 

たくさんの映像が流れる、
カーブしたアーチをくぐります。

 

 

ゆくさおさいじゃした通りを進みます。

 

 

2階に分かれて展示します。

 

維新ふるさと館は、
1階と地下1階に分かれます。

 

1階は「英雄の道」です。
新しく加わったドラマ「西郷どん」の、
大河ドラマシアターコーナーがあります。

 

また「郷中教育」を体験コーナーや、
薩摩の偉人や英雄達の、
歩んだ道を知ることができます。

 

 

1階の奥には西郷どんや郷中教育が。

 

 

地下1階は「維新の道」です。
メインは維新体感ホール。
ロボットの西郷どんが語ります。

 

また薩摩の科学技術や、
明治維新前後の、
薩摩の活躍を紹介しています。

 

 

地下1階には維新体感ホールがあります。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

1階のテーマは英雄の道。

 

 

1階の「英雄の道」の展示で、
印象に残ったものを紹介しますね。

 

体験しやったもんせ郷中教育。

 

薩摩独特の教育法の、
郷中教育」について、
体験することができます。

 

 

武家門をくぐると郷中教育の世界です。

 

 

薩摩の偉人達を生んだ、
郷中教育について、
もっと知って下さいね。

 

 

子供の頃から薩摩示現流を習います。

 

 

新しい映像技術を使って、
楽しく体験できます。
子供達に大人気でした。

 

 

子供達に大人気の映像ゲームです。

 

 

大河ドラマシアター。

 

大河ドラマシアターでは、
大河ドラマ「西郷どん」で、
使用した衣装が展示されています。

 

西郷どんの軍服と、
大久保さんのフロックコートが、
ドラマを思い出してくれますよ。

 

 

これを着て撮影されたのですね。

 

 

ドラマ撮影地の紹介もありますので、
鹿児島の旅の予定に、
加えるの良いかも知れませんね。

 

 

西郷さんとツンも一緒に記念撮影できます。

 

 

薩摩の偉人達コーナー。

 

明治維新を支えた、
薩摩の偉人達を知るコーナーです。

 

薩摩の偉人といえば、
すぐに思い出すのが西郷隆盛、
それに大久保利通でしょうかね。

 

 

薩摩の偉人はやっぱり西郷さんですかね。

 

 

でも薩摩にはもっと多くの、
偉人達を輩出しています。
そんな偉人達に出会えますよ。

 

 

こんなに沢山の薩摩の偉人達がいました。

 

 

篤姫(天璋院)コーナー。

 

なかでも篤姫は、徳川将軍家の、
御台所(みだいどころ)になり、
幕末期の大奥を束ねました。

 

大奥の部屋を見ながら、
徳川家の存続に尽力した、
篤姫に思いをはせてみました。

 

 

大奥の部屋で篤姫を思いました。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

地下1階のテーマは維新の道。

 

維新体感ホールにロボット西郷さん。

 

地下1階の見どころは、
なんといっても、
維新体感ホールです。

 

 

維新体感ホールは見逃せないですよ。

 

 

明治維新を成し遂げた、
薩摩の偉人達が語りかけてきます。
なんとロボット西郷さんが演じます。

 

 

このロボット西郷さんが演じますよ。

 

 

維新体感ホールでは、
西郷さんの「維新への道」が、
約23分間、上演されます。

 

薩摩スチューデントも上演。

 

「維新への道」とは別に、
もう1本のドラマが上演されます。
それが「薩摩スチューデント、西へ

 

鎖国時代に、
薩摩藩士達を英国に留学させた、
様子をドラマチックに演じます。

 

 

この薩摩スチューデントの銅像、
若き薩摩の群像」が、
鹿児島中央駅前の広場にありますよ。

 

JR中央駅前の「若き薩摩の群像」。

 

 

維新体感ホールは必見です。

 

維新体感ホールの上演時間は、
第1回が9:15から始まります。

 

2本のドラマが交互に上演されて、
16:30までに13回上演されます。

 

残念ながら、ドラマは、
撮影できませんでしたが、
必見の価値があると思いますよ。

 

 

体感ホールの中は撮影はここまでです。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

薩摩・科学事始め(集成館事業)

 

島津家28代当主である、
島津斉彬が進めた集成館事業は、
日本の近代化の先がけです。

 

 

集成館事業を紹介しています。

 

 

それらの集成館事業で作られた、
当時の日本では最先端だった、
薩摩の科学技術を紹介していますよ。

 

 

薩摩藩は自前で大砲を作っていました。

 

 

日本初の写真技術や、
自前で作った大砲や、
薩摩切子などが展示されていますよ。

 

 

薩摩切子(きりこ)はガラス技術で作りました。

 

 

維新ふるさと館はお勧め施設です。

 

長くなりましたが、
維新ふるさと館を紹介しました。

 

ここは、鹿児島市の、
公共施設になるために、
入館料が300円という安さです。

 

たった300円(?)で、
薩摩の維新を体感できる、
私の一押しの観光施設でしたよ。

 

鹿児島をまち歩きする際は、
ぜひ立ち寄ってほしいですね。

 

 

駐車場前にある、
西郷隆盛の生誕地に寄りました。

 

(西郷どん)西郷隆盛・従道の誕生地は今は公園。

 

 

鹿児島市維新ふるさと館
鹿児島市加治屋町23番1号
電話 099‐239‐7700
開館時間 9:00〜17:00(入館は16:30)
入館料  300円(大人)150円(こども)
定休日  年中無休
駐車場  24台(無料)
◎JR鹿児島中央駅から徒歩8分
◎カゴシマシティビュー
 「維新ふるさと館前」下車
◎市電「高見橋電停」下車徒歩3分

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

スポンサードリンク

 

 

かごしまの観光情報サイト

鹿児島の御朱印と歴史の歩き方

鹿児島県内の観光ガイド情報です。

鹿児島の御朱印と歴史の歩き方

鹿児島ご朱印ボーイ

鹿児島の神社仏閣の御朱印を紹介してます。

鹿児島ご朱印ボーイ 南九州寺社巡り

かごしまの路面電車

鹿児島市の路面電車の情報です。

鹿児島市の路面電車 かごしま街案内

スポンサードリンク