七味小路通りはる日ママはマイペース。

はる日のママはマイペース。

 

 

 

天文館の七味小路通りにある、
店を紹介しています。

 

七味小路の中ほどにある
はる日」です。

 

はる日は、
20時から3時まで営業しています。

 

遅くまでやっているので、
のんごろ」の私には
有難い店なのです。

スポンサードリンク

 

珍しい八角形のカウンター。

 

店の真ん中には11席座れる、
八角形のカウンターがどどんとあり、
4名程の小上がり席があります。

 

八角形のカウンターの中には、
ママさんがちょこんと座っています。

 

ここで出す焼酎は、
全て白金の露(しらがねのつゆ)

 

「白金の露」」は、
鹿児島市近郊の重富という所の、
古い醸造所の焼酎です。

 

 

白金の露は古い醸造所で造られます。

 

 

ママはマイペースが魅力。

 

実は、ここのはる日ママは、
超マイペースなのです。

 

およそ、お客様に、
合わそうという意識が全くありません。

 

 

珍しい八角形のカウンターとママ。

 

 

決して不愛想とかではないのですが、
どちらかと言うと、客に迎合しない
と行った方がよいのかも知れません。

 

私もいまだに、
お世辞らしきものを、
言われた覚えがないのです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

迷惑をかける方には容赦無し。

 

また、酔っぱらった客が来たら、
平気で追い返します

 

また騒いでやかましい客も、
同じ目に遭います。

 

楽しく飲む分には良いのですが、
他の方に迷惑をかけると、
容赦がありません

 

一人で飲むにはうってつけ。

 

それじゃ何が楽しいの、
と聞かれる方には、
はる日は、向かない店です。

 

逆に一人でゆっくり過ごすには、
非常に居心地が良いのです。

 

余りの良さに、
つい寝てしまうこともしばしばです。

 

 

居心地が良くてすぐ寝てしまう。

 

 

私が来ると、
はる日のママに、開口一番に、
今日は寝なさんな」と言われます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

あの酒場放浪記にも出演した。

 

はる日の、
自慢と言えるものは、
テレビの取材があったことです。

 

それは、あの吉田類さんの、
酒場放浪記」です。

 

酒場放浪記に出る店は、
気取らない庶民的な店が、
多いのですがはる日もそんな店です。

 

吉田さんは、
鹿児島に来られた時は、
はる日に寄られるそうですよ。

 

そんなわけで今夜も、
地元の「ご常連さん」が、
顔を出します。

 

七味小路通りにある、
「はる日」を紹介しました。

 

はる日
鹿児島市東千石町6-11
TEL 099-225-2582
営業 20:00〜3:00
不定休

スポンサードリンク