白熊は鹿児島の名物かき氷。

白熊は鹿児島名物のかき氷。

 

 

 

鹿児島の名物スイーツといえば
真っ先に思い出すのが
白熊(しろくま)ですかね。

 

白熊は
すっかり鹿児島を
代表する名物になりました。

 

白熊(しろくま)とは
かき氷のことなんですよ。

 

でも白くまなんて
変わった名前ですよね。
これが人気なのです。

スポンサードリンク

 

かき氷の王様が白熊です。

 

白熊は、
かき氷に練乳と、
特製の蜜をかけます。

 

さらにかき氷の中に、
みかんやパインやレーズンが入った、
豪華絢爛なかき氷なのです。

 

この白熊は、
鹿児島が発祥なのです。

 

ですから、
市内の喫茶店などでは、
どこにでもあるのですよ。

 

 

これが鹿児島の名物 白熊です。

 

 

鹿児島に来たら、
白熊を食べて帰らないと、
後悔しますよ。

 

天文館むじゃきは創業65年。

 

そんな白熊の発祥の店が、
天文館にある、
天文館むじゃきです。

 

 

天文館むじゃきは白熊さんが目印。

 

 

その自家製の秘伝のミルクと
蜜で作った氷白熊は、
さすがに美味いです。

 

天文館むじゃきでは、
冬でもやっていますので、
一年中、食べられますよ。

 

 

スポンサードリンク

 

 

なんで白熊なの。

 

かき氷の外側に、
フルーツなどの、
トッピングをしています。

 

始めたころの白熊は、
このトッピングもシンプルでした。

 

それを真上から見ると、
レーズンやチェリーが、
白熊に見えたそうです。

 

それで名前を、
白熊にしたとのことです。

 

 

上から見ると白熊さんにみえます。

 

鹿児島に来たら、
氷白熊を食べてみてくださいね。
きっと、いい思い出になると思います。

 

鹿児島の思い出なら
じゃんぼ餅もおすすめですよ。
名物じゃんぼ餅は平田屋さん。

 

アイス系でしたら、
行列の出来るかき氷屋の、
柳川氷室もあります。
柳川氷室さんは行列のできるかき氷屋。

 

さらに、
果物専門店が作る、
ジェラートも人気です。
フルーツ&ジェラート「さくらじま」

 

天文館むじゃき
鹿児島市千日町5-8むじゃきビル
電話 099-222-6904
営業時間 11:00〜21:30

 

 

スポンサードリンク