鹿児島の七草祝いは盛大なのです。

鹿児島の七草祝い。

 

 

 

1月7日は
七草祝いの日ですよね。

 

鹿児島では
薩摩藩のころより
七草祝いを行ってきました。

 

今でも子供の
成長を祝う祭りとしては
七五三より盛大に行われます。

 

鹿児島の
独特な七草祝いを
紹介しています。

スポンサードリンク

鹿児島の七草祝いは盛大なのです。記事一覧

1月7日は全国的に七草の節句です。この日には、昔から1年の無病息災を願って、七草粥を食べる風習があります。お正月のお祝い料理や、お酒で弱った胃を休めるために、春の七草を入れたお粥を食べるのです。鹿児島でも七草の日には七草粥を食べます。でも鹿児島の七草は他県に比べてちょっと違うことがあります。

鹿児島では年明けの初詣が済みますとまた、すぐに神社にお詣りにいく家族があります。それは、数え年で七歳のお子様がいらっしゃる家族の方々です。すぐとはお正月が過ぎた1月7日の七草の日です。

鹿児島の初詣の様子をお知らせしています。鹿児島で初詣が多いのは、照国神社と縣護國神社です。今年は、この神社の初詣は1月7日の七草詣りの日になりました。

スポンサードリンク