鹿児島の名物郷土スイーツ達。

鹿児島の名物郷土スイーツ。

 

 

 

鹿児島の
昔からある美味しい
郷土スイーツを紹介しています。

 

地元の方にも観光客の方にも
大人気の白熊
鹿児島を代表する名物になりました。

 

その他に伝統的な郷土菓子の
あくまきげたんはそれに
じゃんぼ餅の店などを紹介します。

スポンサードリンク

鹿児島の名物郷土スイーツ達。記事一覧

鹿児島にはかるかん(饅頭)という名前のお菓子があります。伝統的な郷土のお菓子です。鹿児島のお土産として買って行かれる方も多いのです。藩政時代に生まれた鹿児島を代表する上品な郷土菓子ですよ。

鹿児島の名物スイーツといえば真っ先に思い出すのが白熊(しろくま)ですかね。白熊はすっかり鹿児島を代表する名物になりました。白熊(しろくま)とはかき氷のことなんですよ。でも白くまなんて変わった名前ですよね。これが人気なのです。

鹿児島まち歩きです。鹿児島にもいよいよ、本格的な夏が到来しました。鹿児島の夏の風物詩は六月灯ですね。七月いっぱい県内の神社などで、灯籠をともす夏の恒例の夏祭り。でも暑い夏には、冷たいものを食べたくなりますよね。特に甘〜いアイスにかき氷。夏になると思い出す、氷白熊に柳川氷室のかき氷。今まで紹介しましたが、まとめてみました。

鹿児島まち歩きをしているとお菓子屋さんに出くわすことがあります。鹿児島には美味しい名物郷土スイーツがたくさんありますよ。そんな中から天文館にある蜂楽(ほうらく)饅頭を紹介します。

鹿児島には昔から伝わる郷土スイーツがたくさんあります。その中で今日はじゃんぼ餅を紹介します。じゃんぼ餅は主に磯地区周辺で製造販売されています。鹿児島にきたらじゃんぼ餅を食べなきゃ。

鹿児島市内の磯地区といえば薩摩島津家の別邸・仙巌園があります。仙巌園に行くまでは磯街道と呼ばれる錦江湾沿いの道を行くのがおすすめです。そこにじゃんぼ餅屋さんが集まっています。その中で作家の向田邦子さんが愛したお店を紹介しますね。

鹿児島の天文館に、「山形屋」という、一番大きなデパートがあります。その山形屋デパートの、地下の食品売り場に名物の郷土スイーツがあります。それが、金生饅頭(きんせいまんじゅう)です。

鹿児島にはかなり歴史のある郷土スイーツがあります。そのスイーツは戦国時代からあるあくまきと申します。伝統のある郷土スイーツのあくまきを紹介します。

鹿児島に昔から伝わる、名物郷土スイーツに変わった名前の郷土菓子があります。その名前をげたんはと言います。げたんはってどういう意味でしょう。げたんはの形が下駄の歯に似ていることからこの名前が付けられました。

スポンサードリンク