世界文化遺産に登録、鹿児島の遺産群。

世界文化遺産に登録。

 

 

 

明治日本の産業革命遺産として
市内にある三つの施設が
世界文化遺産に登録されました。

 

旧集成館」と
関連施設の「寺山炭窯跡」と
関吉の疎水溝です。

 

ここでは
鹿児島の世界文化遺産と
その関連施設について紹介します。

スポンサードリンク

世界文化遺産に登録、鹿児島の遺産群。記事一覧

ユネスコの世界遺産委員会は鹿児島市の3施設について世界文化遺産の登録を決めました。この世界文化遺産のテーマは「明治日本の産業革命遺産」です。日本各地の施設が明治日本の産業革命遺産として一緒に登録されました。鹿児島の世界文化遺産は薩摩藩の集成館事業に関連する3施設です。

鹿児島市の仙巌園(せんがんえん)に行きました。仙巌園は磯地区にある島津藩の別邸です。園の中にある反射炉跡が明治日本の産業革命遺産として世界文化遺産に登録されました。

鹿児島市の磯地区には薩摩藩が行った近代化への足跡が残っています。それらは島津斉彬(しまずなりあきら)が始めた集成館事業の数々です。現存する当時の洋式工場は、現在は尚古集成館になっています。

鹿児島市内の磯にある仙巌園(せんがんえん)は薩摩島津家の別邸です。この度(平成27年7月)仙巌園の反射炉跡と尚古集成館が世界文化遺産として登録されました。さらに仙巌園には世界遺産に登録されませんでしたが水力発電用のダムがあります。仙巌園と共にそのダムを紹介しますね。

鹿児島市の、磯にある仙巌園せんがんえん)は、薩摩の島津藩の別邸です。今年(平成27年7月)仙巌園に残る、旧集成館事業に関する史跡が、世界文化遺産に登録されました。その仙巌園の中にパワースポットでもある猫を祀る神社があるのですよ。

鹿児島市にある歴史資産が、世界文化遺産に登録されました。幕末から明治にかけての、産業革命遺産群です。鹿児島の歴史資産を初め、日本の8県にある23の資産が、まとめて登録されました。その中の関吉(せきよし)の疎水溝を紹介しますね。

寺山炭窯跡が世界文化遺産になったニュースが飛び込んできました。その後の平成27年7月に鹿児島市にある三つの施設が世界文化遺産として登録されました。その中の寺山炭窯跡を紹介しますね。

鹿児島市内の磯地区には薩摩藩の別邸の仙巌園があります。その周辺には島津斉彬(しまずなりあきら)が始めた集成館の史跡が残っています。ここでは集成館事業の関連施設である異人館を紹介しますね。

鹿児島市の磯地区は薩摩藩主の島津家のおひざ元です。特に11代藩主の島津斉彬が始めた集成館事業の中心地になりました。この場所には集成館事業で行われた数々の事業の跡が残っています。

鹿児島市の磯地区には薩摩の歴史を感じさせる場所があります。その中に磯工芸館があります。磯工芸館では鹿児島の伝統工芸品である薩摩切子を製造・販売しています。ここではその礒工芸館を紹介しますね。

鹿児島市の磯地区には、島津斉彬(しまずなりあきら)が進めた集成館事業の跡があります。集成館事業とは西洋列強に対抗して軍備を整え国を豊かにしようとしたことです。そこで始めたものが造船事業。ここでは日本初の洋本格的な洋式軍艦である昇平丸(しょうへいまる)が作られました。

スポンサードリンク