尚古集成館は日本一古い洋式工場です。

日本一古い洋式の工場。

 

 

 

鹿児島市の磯地区には
薩摩藩が行った
近代化への足跡が残っています。

 

それらは
島津斉彬(しまずなりあきら)が
始めた集成館事業の数々です。

 

現存する
当時の洋式工場は、
現在は尚古集成館になっています。

スポンサードリンク

 

尚古集成館は世界遺産に。

 

旧集成館の史跡が、
明治日本の産業革命遺産として、
世界遺産に登録されました。

 

近代日本の始まり、
ともいえる史跡を、
世界が認めたということです。

 

 

尚古集成館は世界遺産に登録されます。

 

 

国の重要文化財に指定。

 

その薩摩藩が、
行った近代化への事業に、
かんする資料が集められた場所。

 

それが尚古集成館
(しょうこしゅうせいかん)
です。

 

この尚古集成館は、
機械工場として建てられました。

 

鹿児島県内に、
現存する建物の中では、
最も古い石造りの建物です。

 

 

国の重要文化財に指定。

 

 

建物自体は、
国の重要文化財に、
指定されました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

西洋との力の差を痛感。

 

島津斉彬が築いた、
集成館事業の施設は、
薩英戦争で消失してしまいます。

 

薩摩藩は、薩英戦争で、
西洋との軍事力の差を、
まざまざと見せつけられます。

 

そこで、集成館事業を、
改めて必要であると感じて、
さらに西洋技術を取り入れたのです。

 

 

初めての西洋技術で建てました。

 

 

そのために薩摩藩は、
国禁を犯してまで、
留学生をイギリスに派遣しました。

 

また洋学校の、
開成所(かいせいじょ)を開設して、
西洋の技術を学ばせました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

洋式工場はストーンホーム。

 

学んだ技術を使って、
稼働させたのが、
この機械工場なのです。

 

オランダの、
工作機械を入れて、
金属加工などが行われていました。

 

建築に使われた材料は、
溶結凝灰岩
(ようけつぎょうかいがん)
です。

 

これは、薩摩半島に、
多く分布する火山の、
火砕流が堆積したものです。

 

完成すると
ストーンホームと、
呼ばれました。

 

それまで木造の家だけを、
作ってきた日本人が、
初めて作る石の建物でした。

 

 

鹿児島特有の溶結凝灰岩を使用。

 

 

薩摩の近代化の歴史。

 

現在は、尚古集成館として、
集成館事業の資料や、
島津家の歴史や文化を伝えます。

 

磯地区にお越しになりましたら、
尚古集成館で薩摩の、
近代化の歴史に触れてみませんか。

 

 

薩摩の近代化の歴史を展示します。

 

 

尚古集成館
鹿児島市吉野町9698-1
TEL 099-247-1511  
開館時間  8:30〜17:30
入館料 大人1000円
    (仙巌園と共通券)
駐車場 乗用車128台
カゴシマシティビュー「仙巌園前」下車

スポンサードリンク