金生饅頭は名物郷土のお菓子。

金生饅頭は郷土菓子。

 

 

 

鹿児島の天文館に、
山形屋」という、
一番大きなデパートがあります。

 

その山形屋デパートの、
地下の食品売り場に
名物の郷土スイーツがあります。

 

それが、
金生饅頭
(きんせいまんじゅう)
です。

スポンサードリンク

 

金生饅頭は昔からありました。

 

金生まんじゅうは、
山形屋の食品売り場で、
製造販売されている、
一口サイズの今川焼風のお菓子です。

 

白あんと特性の皮で焼き上げたます。
シンプルな味ですが、
とっても美味しいのです。

 

金生は「きんせい」と読みます。

 

名前の由来は、
山形屋デパートが建っているのが、
鹿児島市金生(きんせい)町だからです。

 

 

山形屋は鹿児島市金生町にあります。

 

 

鹿児島市民は良く知っている。

 

鹿児島市民は、金生饅頭といえば、
名物じゃんぼ餅とともに、
だれでも知っているのではないでしょうか。

 

じゃんぼ餅の情報は、
名物じゃんぼ餅は平田屋さん

 

金生饅頭は鹿児島の名物というよりも
鹿児島人の心に残っている
郷愁を感じる郷土スイーツと言えます。

 

そのために県外在住の、
鹿児島県出身者には、
懐かしがられます。

 

お土産として、
金生饅頭を買っていくと
大変喜ばれるのですよ。

 

 

スポンサードリンク

 

 

昔からオープンキッチンでした。

 

オープンキッチンのような、
金生饅頭を作る機械があり、
作るところが見えるのです。

 

そのきんせい饅頭をつくる、
機械の動きが楽しくて、
次第に饅頭が欲しくなるのです。

 

昔からお客様を呼び込むための、
デモンストレーションだった、
のかもしれませんね。

 

 

毎日、この機械で作られます。

 

 

金生饅頭には目じるしがあります。

 

饅頭の表面には、
○の中に「」という文字が入ってます。

 

これは、『山形屋の商紋』なのです。
この字を見て、
金生饅頭とわかるのです。

 

 

丸に岩のマークの金生饅頭

 

 

ちなみに山形屋の社長さんは、
岩元さん」と言います。

 

 

スポンサードリンク

 

 

鹿児島市民は金生饅頭が好き。

 

山形屋デパートの、
デパチカには名物があります。

 

鹿児島市民は、
そこの金生饅頭が好きなんです。

 

おまけの情報です。

 

山形屋には、
もう一つ名物グルメがあります。

 

それはデパート食堂の、
やきそば」です。
鹿児島市民に愛されています。

 

 

山形屋食堂の「やきそば」も名物グルメ。

山形屋のやきそば

 

 

山形屋デパート
鹿児島市金生町3番1号
TEL (099)-227-6111

スポンサードリンク