西郷隆盛蘇生の家で天命を知ったかも。

西郷隆盛蘇生の家。

 

 

 

鹿児島市内には
西郷隆盛翁のゆかりの地
数多くあります。

 

波乱万丈の
生涯の中で不遇の時代
象徴している場所があります。

 

それが
西郷隆盛蘇生(そせい)の家です。
この家で西郷さんは
命を吹き返したのです。

スポンサードリンク

 

国道10号線沿いのわらぶき家。

 

西郷隆盛蘇生の家は、
国道10号線沿いにある、
小さなわらぶきの家です。

 

磯の仙巌園(せんがんえん)から、
姶良(あいら)方面に1キロ程いくと、
日豊本線の線路脇に見えてきます。

 

以前から、
車で通るたびに、なんか、
小屋があるなと思っていました。

 

でもこのわらぶき小屋が、
日本の歴史にとって、
重要な家だったのです。

 

 

この家が歴史的に重要な場所なのです。

 

 

手前の団子屋の駐車場に入りました。

 

車で行ったのですが、
蘇生の家の手前にある、
団子屋さんに入りました。

 

実は、
蘇生の家には、
駐車場がないのです。

 

そこで、
団子屋さんの駐車場に車を停めて、
歩いて行くことにしました。

 

 

団子屋さんの駐車場に停めました。

 

 

蘇生の家までの案内板。

 

団子屋さんの駐車場には、
蘇生の家までの案内板があり、
地図が書いてありました。

 

 

蘇生の家までの地図がありました。

 

 

ということは、
多くの方が、
この駐車所に停めるのかな。

 

地図によると、
国道10号線の脇の歩道を、
徒歩2分、最初の信号の所です。

 

帰りには、
停めていただいたお礼に、
じゃんぼ餅を買いました。

 

 

お礼に名物じゃんぼ餅を買いました。

 

 

じゃんぼ餅は、
鹿児島名物のお菓子で、
近くの磯街道にお店が並んでいますよ。
名物じゃんぼ餅は平田屋さんです。

 

 

蘇生の家が見えてきました。

 

国道10号線の右手に、
錦江湾と桜島を眺めつつ、
歩いて行くと。

 

すぐに、
日豊本線の線路わきに、
わらぶきの家が見えてきます。

 

 

線路わきに蘇生の家が見えてきました。

 

 

花倉(けくら)の信号を、
渡ると蘇生の家です。

 

列車の踏切も渡りますので、
充分に気を付けて下さいね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

すぐに蘇生の家の石碑がありました。

 

蘇生の家の入口には、
西郷先生蘇生の遺跡と書いた、
石碑が立っています。

 

石碑の文字は、
西郷隆盛を尊敬してやまない、
東郷平八郎の書によります。

 

 

西郷先生蘇生の遺跡の碑です。

 

 

そして、
月照上人(げっしょうしょうにん)
の遷化(せんげ)の碑
です。

 

遷化とは偉いお坊さんが、
亡くなることをいいます。

 

 

月照上人の遷化の碑です。

 

 

入水自殺を図りました。

 

西郷さんと月照上人は、
ここ花倉の沖で、
船から入水自殺を図りました。

 

すぐに引き上げられましたが、
西郷さんは、助かりますが、
月照上人は亡くなってしまいます。

 

現在、月照上人は、
鹿児島市内の南洲寺の、
お墓に眠っています。
南洲寺は西郷隆盛の菩提寺です。

 

 

蘇生の家で息を吹き返します。

 

引き上げられた二人は、
花倉の漁師、
坂下長右衛門の家で看護されます。

 

そして、
西郷さんだけが息を吹き返したのです。

 

 

漁師の家で息を吹き返します。

 

 

その漁師の家が、
この西郷隆盛の蘇生の家と、
呼ばれているのです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

藩の外に追放されます。

 

西郷さんは、
名君島津斉彬の死後、
大きな後ろ立をなくしました。

 

そんな折、
京都清水寺の勤皇の僧、月照は、
安政の大獄から逃れようと、
西郷を頼って鹿児島に来ます。

 

幕府を恐れる、
斉彬死後の薩摩藩は、
西郷と月照を、
東目(ひがしめ)送りにします。

 

東目送りとは、
日向経由で藩外に、
追放することです。

 

そして、送りの途中で、
処刑されることを意味しています。

 

 

蘇生の家の案内に書いてあります。

 

 

生涯で最も不遇の時。

 

斉彬を亡くし、
藩にも見捨てられた西郷さんの、
絶望感はすごかったでしょうね。

 

西郷さんの最も、
人間らしさ(弱さ)が、
この入水自殺だったと思います。

 

一人生き残った後でも、
自分を「土中の死骨」と呼び、
生涯、恥じとしたそうです。

 

 

この花倉の沖で飛び込みました。

 

 

生き返り、天命を知る。

 

その後、島流しにも会いますが、
藩に復帰した西郷さんは、
大活躍をして明治維新を成し遂げます。

 

私は、命拾いをした西郷さんは、
この場所で「天命」というものを、
確信したのではないかと思います。

 

その後、
天命に導かれた西郷さんは、
幾たびかの死にも直面します。

 

しかし、天命が尽きるまでは、
死をも恐れず
自分の信じる道を、
突き進んだのではないでしょうか。

 

 

この蘇生の家で天命を確信したのか。

 

 

蘇生の家がなかったら。

 

天に拾ってもらったこの命は、
人のために、日本のために、
使おうと決めたのかも知れない。

 

もしこの蘇生の家がなくて
西郷さんにもしものことがあったら、
明治維新はなされたのかな。

 

そんなことを思いながら、
西郷隆盛蘇生の家をあとにしました。

 

西郷隆盛蘇生の家
鹿児島市吉野町9798-1
駐車場はありません。
鹿児島交通(国分行き)花倉バス停下車1分
鹿児島中央駅からバス35分

 

 

鹿児島市内にある
西郷どんのゆかりの地を
色々と紹介しています。

 

西郷隆盛どんの足跡を訪ねる。

 

合わせて、
行ってみて下さいね。

 

 

 

スポンサードリンク