私学校跡に残る西南戦争の砲弾の跡。

私学校跡には西南戦争の砲弾。

 

 

 

明治の初期に
鹿児島県内に作られた
学校がありました。

 

それは、私学校と呼ばれましたが
のちの西南戦争の
原因にもなってしまいました。

 

その私学校跡には
西南戦争の砲弾の跡
はっきりと残っています。

スポンサードリンク

 

私学校のあった場所は。

 

私学校の場所は、
鶴丸城(鹿児島城)跡地と、
道路をはさんだ所にありました。

 

現在は、
鹿児島医療センターが、
建っています。

 

 

私学校の壁の跡です。

 

 

私学校は西郷隆盛らが作りました。

 

私学校は、明治7年に、
西郷隆盛たちが中心になって、
作られた軍事教練施設でした。

 

生徒数も一番多い時で800人程で、
市内に10の分校、
県内には136の分校がある大きな学校でした。

 

生徒は、
薩摩の士族たちでした。
学校では軍事教練を行っていました。

 

 

西郷隆盛達が作った私学校の門です。

 

 

学校を作った目的は、
不平士族の不満を、
抑えることであったと言われます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

私学校の生徒達が暴発しました。

 

当時の鹿児島には、
西郷隆盛が征韓論に、
やぶれて下野していました。

 

西郷の下野とともに、
新政府の動きに反感を持つ
薩摩士族が多かったそうです。

 

そんな不平士族を教育する学校でしたが、
鹿児島県も大いに支援したために、
日本政府も警戒していたとのことです。

 

激しい戦闘を物語っています。

 

政府との緊張関係の中で、
私学校の一部の過激な生徒たちが、
政府が管理する火薬庫を襲撃したのです。

 

このことから西南戦争が始まりました。
西南戦争は鹿児島の地で、
決戦を迎えます。

 

 

私学校には官軍の砲撃が始まりました。

 

 

この私学校跡も、
激しい戦闘の場所になりました。

 

 

すさまじい砲撃の弾痕です。

 

 

私学校跡の壁には、
当時の政府軍の、
すさまじい砲撃の跡が残っています。

 

 

スポンサードリンク

 

 

西郷は、西南戦争は反対であった。

 

火薬庫を襲撃した生徒たちに、
むかって放った西郷の言葉は、

 

おはんら、何たることしでかしたか
この言葉にあらわれています。
私学校の説明板に書いてありますよ。

 

 

西郷の言葉が説明板に書いてあります。

 

 

日本で最大・最後の、
内戦である西南戦争は、
鹿児島にとっては最大の悲劇となりました。

 

同郷の薩摩人同士が、
政府軍西郷軍に、
分かれて戦ったのですから。

 

近代日本の体制が整うための、
産みの苦しみともいえるでしょう。

 

私学校跡に激動の歴史を感じます。

 

そんな西南戦争の、
舞台ともなった私学校跡は、
正門石堀を残すだけです。

 

壁の弾痕が、
当時の様子を、
黙って伝えるだけです。

 

 

私学校の壁が歴史を語ります。

 

 

あなたも鹿児島のまち歩きで、
私学校跡で、激動の歴史を、
感じてみてはいかがでしょうか。

 

私学校跡(現鹿児島医療センター)
鹿児島市山下町6-1
鹿児島市電「市役所前」〜徒歩5分

 

 

鹿児島市内にある
西郷どんのゆかりの地を
色々と紹介しています。

 

西郷隆盛どんの足跡を訪ねる。

 

合わせて、
行ってみて下さいね。

 

 

スポンサードリンク