一番街商店街は鹿児島の庶民の街。

一番街商店街は庶民の街。

 

 

 

JR鹿児島中央駅の、
東口からすぐの所に
一番街商店街があります。

 

JR鹿児島中央駅から、
アーケードでつながっていますので、
雨や桜島の灰が降っても大丈夫です。

 

この商店街は、
昔から鹿児島の
庶民に利用されていました。

スポンサードリンク

 

一番街は駅前の商店街です。

 

鹿児島のお土産ももちろん揃います。
お食事も鹿児島ならではの、
ディープなお店もありますよ。

 

まち歩きには、もってこいの場所ですので、
鹿児島中央駅周辺に来られたら、
1度立ち寄ってみては、いかがでしょうか。

 

西駅朝市の頃からある古い商店街です

 

この商店街の歴史は、
終戦直後に立てられた、
西駅朝市」に始まります。

 

西駅とは、鹿児島中央駅の前身で、
西鹿児島駅のことです。
新幹線開業まではこの西鹿児島駅でした。

 

西駅は、
西鹿児島駅の地元での愛称です。

 

いまでも「にしえき」と、
呼ぶ方もいます。

 

昔の面影を残す場所。

 

西駅朝市」は、
鹿児島の地方や郡部から、
持ち込まれた物資を売っていました。

 

中央駅側のアーケード入口には、
当時の面影を、
残す店がいくつかあります。

 

 

一番街商店街はアーケードです。

 

 

主にお土産の店です。
鹿児島のお土産は、
ほとんどそろっていますよ。

 

ここでしか買えない地方の、
特産品もありますよ。

 

おばちゃん達は、
そろって話し好きですので、
おしゃべりをして地元との交流を、
楽しんでくださいね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

「いっど」は一番街のニックネーム。

 

この一番街の愛称は、
いっど」といいます。

 

この「いっど」は、
「行くぞ」という意味の鹿児島弁なんです。

 

一番街に皆で行きましょうと、
呼びかけています。

 

もっと深い意味は、行くぞが、
やるぞ」という、
掛け声にもなっているのです。

 

一番街を元気にして、
一番街を中心に活気のある、
街つくりをやるぞ!というわけです。

 

元気の印として「いっど太鼓」もあります。
これは、商店街のおかみさん達で、
つくる太鼓のグループです。

 

定期的に演奏をしています。
また、イベント等に呼ばれて、
太鼓を叩いています。

 

太鼓の音が、
行くぞ」と聞こえるようです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

一番街商店街にストリートピアノ。

 

また、アーケード内には、
ストリートピアノが置いてあります。

 

これは、だれでも気軽に引いて良いのです。
このストリートピアノは、
日本では、初めてなんですって。

 

このピアノをつかった、
コンサートも行われています。

 

月に1回、このピアノをはじめ、
楽しいイベントが開かれています。

 

鹿児島でのまち歩きで、
運よくこのイベントに、
ぶつかるかもしれませんよ。

 

 

ストリートピアノを演奏。上手!

 

 

地元のディープなお店もありますよ。

 

さらにアーケードの奥には、
鹿児島の食を味わえる店もあります。
鹿児島の黒豚の店や新鮮な魚の店等です。

 

多くは、観光ガイドには載らない店で、
地元の方が利用する店です。

 

探検気分でディープな店を、
探すのも楽しいかも知れませんね。

 

貴方も鹿児島中央駅横の、
一番街商店街に立ち寄り、
地元の雰囲気を感じてみませんか。

 

一番街商店街振興組合
鹿児島市中央町25-1
099-259-0177

スポンサードリンク