12月14日は天赦日と一粒万倍日。

天赦日は、最高の吉日。

 

 

 

2015年12月14日は
天赦日」に
あたる日です。

 

天赦日ってご存知でしたか。
これは
てんしゃび」と読みます。

 

暦では大安吉日の
さらに上をいく
最高の良い日なんですって。

スポンサードリンク

 

高野山家宝歴で知りました。

 

この天赦日を知ったのは、
高野山真言宗のお寺でいただいた、
お寺の暦です。

 

高野山家宝歴
(こうやさんかほうれき)

その暦です。

 

この家宝暦は、
一年間の行事や祝祭日。

 

それにその年の運勢が、
かいてある暦です。

 

 

高野山家宝暦に天赦日がありました。

 

護摩焚きで頂きました。

 

今年の始めに、
開運厄除けの「星祭り」に
お参りした時にいただいたものです。

 

高野山真言宗のお寺では、
主に節分の日に、
護摩焚き(ごまだき)を行います。
節分には、星祭りで護摩焚きと豆まき。

 

護摩木を燃やす儀式で、
厄を祓(はら)うのです。
その儀式を「星祭り」というのです。

 

暦の中に天しゃがありました。

 

暦をめくると、
天赦日が書いてあります。

 

暦には、
天しゃ」とあるのですが、
小さくて見落としそうです。

 

同じ日には、
一粒万倍日」とも、
書いてありますね。

 

この一粒万倍日
(ひとつぶまんばいび)

何かよさげな雰囲気が漂ってきますね。

 

 

「天しゃ」と「一粒万倍」の文字が。

 

暦の下の欄に「天赦日」の注釈。

 

その注釈をそのまま紹介しますね。

 

天赦日(てんしゃび) 
大吉日で、天の恩恵を受け、
障害がない日とされる。

 

結婚、開店、事業独立、
拡張に最良の日である。

 

 

注釈によりますと大吉日とあります。

 

最高の吉日です。

 

吉日と呼ばれる日がありますが、
そのなかでも最高の吉日のようです。

 

その他に、
天赦日に行うと良いものは、
結納、引っ越し,
財布の新調、慶事などです。

 

それに今まで、
躊躇(ちゅうちょ)していたことを
始めるには、
もってこいの日なんですって。

 

最高は大安と思っていました。

 

大安の日を選んで、
結婚式を挙げる方も多いと思います。

 

結納や入籍、婚姻届けなどは、
大安吉日」に行いますよね。

 

暦では「大安」が一番良い日と、
思っていましたが、
その上があったのですね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

天赦日は一年に数回。

 

実は、この天赦日は、
一年に数回しかありません。

 

それに対して大安は、
一か月に数回もあるのですよ。

 

そのために存在が、
知られていないのでしょうかね。

 

でも少ないと、やはり貴重ですので、
とても大きな御利益がありそうです。

 

 

天からのご利益が降り注ぎます。

 

 

2015年は、12月14日を残す。

 

12月14日は、
今年最後の天赦日です。
しかも「一粒万倍日」と重なっています。

 

この日は、
「一粒の籾(もみ)が万倍にもなって
豊かな稲穂が実る」とされています。

 

そのために、
新しい事を始めるのには、
とても良い日なんですって。

 

新しい仕事始めるなんて、
いいかも知れませんね。

 

ただし、借金は、
万倍に膨らむので、
やめた方がいいでしょうね。

 

天赦日と一粒万倍日が、
重なった12月14日は、
何かが起こりそうです。

 

そうなると、やはり宝くじですかね。
あなたも、そう思いましたか。

 

 

天赦日には、新しい事を始める。

 

 

2016年の天赦日。

 

何かを始めるにも、
計画が必要ですよね。

 

2016年の天赦日を前もって知って、
あたらしく事を始める、
準備をしてみますか。

 

2016年(平成28年)の天赦日
2月26日(金)、4月26日(火)、
5月12日(木)、7月11日(月)、
9月23日(金)、12月8日(木)。

 

以上が2016年の天赦日になります。

 

あなたも、最高の吉日である、
天赦日に何か新しい事を、
始めてみませんか。

 

 

スポンサードリンク