熊本の震度7の地震は夜中に来た。

 

 

 

夜中に
突然襲ってきた
激しい揺れに驚きました。

 

揺れの10秒程前に
聞きなれないメールの
着信音と音声が流れました。

 

音声は
強い揺れに備えて下さい。
と繰り返しています。

スポンサードリンク

 

夜中に突然にやってきました。

 

先週の木曜日の夜に、
熊本地方に震度7の、
激しい地震が発生しました。

 

襲ってきた時間は、
私は、空手の稽古中でした。

 

道場に居合わせた、
道場仲間の、
携帯電話が一斉に鳴り始めました。

 

その直後に、
激しい横揺れが襲ってきました。

 

 

突然に地震警報が鳴り出しました。

 

 

鹿児島では、
ここ何年も地震らしい揺れは、
なかったので驚いてしまいました。

 

再開した空手の稽古も、
身に入らず、
早々に切り上げてしまいました。

 

 

空手の稽古は、早々に切り上げました。

 

 

熊本の地人に連絡を入れました。

 

この日は、
鹿児島市内でも、
震度4程とのことでした。

 

明朝、
熊本の知人に、
電話を入れました。

 

熊本市内の知人宅では、
奥様が出られて、
知人ともに無事であるとのこと。

 

知人は、
市会議員のためか、
関係者宅へ出かけたままでした。

 

 

スポンサードリンク

 

 

再び、地震が襲ってきました。

 

しかし、翌日16日の未明に、
またしても同様の、
地震に見舞われました。

 

しかもこの時は、
夜中の1時25分と睡眠中でした。

 

またもや気象庁の、
緊急地震速報が流れました。

 

その後ですぐに、
強い揺れが襲ってきました。

 

直観的に前の揺れより、
大きいと感じました。

 

 

翌日の地震は、夜中に襲ってきました。

 

 

地震速報は、朝方まで続きました。

 

その後、夜が明けるまでに、
4回の地震速報が流れました。

 

後の3回の地震は、
最初に比べると、
大きな揺れではありませんでした。

 

それでも一晩中、
地面が常に、
揺れているような気がしました。

 

寝ては目が覚めるを、
繰り返していたので、
朝方は眠たくてしかたがなかったです。

 

でも地震って、
なぜに夜中に襲ってくのでしょうね。
夜の地震て、怖さが倍増します。

 

 

朝方まで4回の地震速報メール。

 

 

熊本の被害は、甚大でした。

 

夜が明けて明るくなると、
熊本の震源地や、
その周辺の被害状況が、
次第に分かってきました。

 

テレビ画面を通して、
熊本城の崩れた石垣や、
阿蘇神社の拝殿が崩壊した、
様子を見ることができました。

 

丁度一週間たった現在でも、
行方不明の方がいらっしゃることと、
多くの方が避難生活を強いられています。

 

早く発見されて、
一刻も早く復旧されることを、
祈るばかりです。

 

 

地震の10日前に人吉に行ったばかり。

 

人吉市の青井阿蘇神社です。
鳥居の先に楼門が見えます。
ここの楼門・拝殿ともに国宝です。

 

同じ国宝の阿蘇神社の楼門・拝殿は、
今回の地震で、
残念なことに屋根が崩れました。

 

鹿児島には原発があるので不安。

 

それでも鹿児島だって、
隣りの県の出来事ではありません。

 

鹿児島にも活断層があり、
しかも薩摩川内市には、
原子力発電所があります。

 

運営する九州電力は、
異常は見当たりません、
と言っていますが。

 

やはり、私は、
一抹の不安を、
感じてしまいます。

 

ともかく、
一刻も早く、
地震が収まることを祈るばかりです。

スポンサードリンク