鹿児島の節分には落花生と恵方巻。

節分には落花生をまきます。

 

 

 

2月3日は節分です。
この日に行うものと言えば
豆きまですね。

 

節分にやってくる鬼に
豆をぶつけて
鬼を追い払うという行事。

 

鹿児島の神社仏閣でも
多くの参拝客の前で
豆まきの儀式が行われます。

 

各家庭でも
鬼のお面をかぶったパパに
子供達が豆をぶつけます。

 

また恵方巻(えほうまき)という
太巻きにかぶりつきます。

スポンサードリンク

 

豆まきは落花生をまく。

 

ところで全国的に、
この豆まきの豆は、
炒った大豆をまきますよね。

 

ところが、
鹿児島の家庭では、
大豆ではなく落花生をまくのです。

 

実は、私の家でも、
節分になると落花生が、
まかれます。

 

 

鹿児島の節分には落花生をまく。

 

 

落花生でも違和感はありません。

 

この落花生の豆まきの話を、
他県の方が聞きますと、
驚かれることがあります。

 

私は、昔から、
落花生をまいているので、
気にはなりませんけど。

 

同じ豆なのに、
かえって殻があって大きいので、
鬼が痛そうですけどね。

 

なにより、
玄関などにまいた後でも、
食べられるじゃないですか。

 

 

スポンサードリンク

 

 

まちのスーパーにも売っています。

 

節分が近づくと、
まちのスーパーにも、
節分コーナーが作られます。

 

 

スーパーの節分コーナーです。

 

 

そこには、
鬼の面と一緒に、
豆まき用の豆が並びます。

 

炒った大豆もありますが、
多くの豆は、
殻付きの落花生です。

 

 

スポンサードリンク

 

 

鹿児島人は合理的なのかな。

 

スーパーの落花生は、
大生産地の千葉県や、
輸入したものが多いようです。

 

特に鹿児島で、
たくさん採れるから、
落花生をまくという訳ではなさそう。

 

私の個人的な意見ですが、
落花生をまいた後でも、
拾って食べられるからでしょうか。

 

意外と鹿児島には、
そんな合理的な考えが、
あるような気がします。

 

 

落花生の方がやっぱりいいですよ。

 

 

恵方巻も売られています。

 

また節分になると、
日本全国で食べられるのが、
恵方巻という巻きずしですよね。

 

豆と同じように、
恵方巻もたくさん、
スーパーでも売られていました。

 

最近は、
コンビニ各店でも、
恵方巻のノボリを良く見ます。

 

 

恵方巻のノボリをあちこちで見ます。

 

 

恵方の方角に向かって食べます。

 

恵方巻は、
節分の夜に食べると、
縁起が良くなると言われます。

 

恵方の方角にいる、
年神(としがみ)様に願いを込めて、
無言で食べると良いそうです。

 

ちなみに、
今年の2017年の酉年は、
恵方の方角は北北西ですよ。

 

皆さんも、
北北西の方角に向かって、
恵方巻にかぶりつきますか。

 

 

スポンサードリンク

 

 

バレンタインのチョコと同じ。

 

でも、鹿児島では、
恵方巻を食べる習慣は、
昔は、ありませんでした。

 

最近、急に、
流行ってきたような気がします。
何だか商業ペースに載せられたかな。

 

 

恵方巻がいっぱい並んでいます。

 

 

バレンタインディーに、
チョコレートを送ることと、
同じですかね。

 

でも恵方巻を食べる事で、
みんなが幸せになれば、
良いのじゃないでしょうか。

 

 

バレンタインデーのチョコもコーナーが。

 

 

イワシも食べました。

 

節分に食べるものが、
もう一つありました。
それは、イワシです。

 

これは、イワシの頭を、
柊(ひいらぎ)の枝にさして、
玄関に飾ると魔除けになるそうです。

 

鬼さんは、
イワシの頭のニオイと、
柊の枝が大きらいだそうです。

 

という事で、
お頭付きのイワシを、
食べましたよ。

 

 

恵方巻とイワシの節分セットです。

 

 

もちろん、
スーパーでも節分用の、
イワシを売っていますよ。

 

 

節分用のイワシも売られています。

 

 

お寺では節分には星祭り。

 

私が、
節分に行う儀式が、
もう一つあります。

 

私は、毎年、
お寺で節分に行う、
星祭りでお祓いをうけます。

 

星祭りでは、
護摩焚(ごまたき)きを行います。

 

 

節分には護摩焚きで厄払い。

節分には、星祭りで護摩焚きと豆まき。

 

 

護摩焚きは、
護摩木を炎に燃やして、
邪気を払うものです。

 

鹿児島の節分は今年も。

 

鹿児島の節分は、
落花生と恵方巻とイワシに、
護摩焚きと盛りだくさんです。

 

以上、
鹿児島の節分の、
様子を紹介しました。

 

今年も、
鹿児島の節分には、
様々な表情が見られそうです。

 

スポンサードリンク