西郷隆盛銅像はいちおし観光スポット。

西郷隆盛の銅像は人気観光スポット。

 

 

 

鹿児島の歴史上の人物で、
一番有名なのは、
御存じ西郷隆盛(さいごうたかもり)ですね。

 

西郷隆盛の銅像は、
鹿児島の観光スポットでも
人気の場所です。

 

西郷隆盛銅像
前は、記念写真を撮る方で
いつもいっぱいですよ。

 

スポンサードリンク

 

西郷さんは市立美術館の一角。

 

西郷さんの銅像は、
鹿児島市立美術館の、
敷地の一角にあります。

 

国道10号線に面した、
小高い築山の頂上に建っています。

 

 

銅像前は国道10号線です。

 

 

歴史と文化の道に建つ。

 

銅像が建っている地区は、
歴史と文化の道」と呼ばれています。

 

鹿児島の歴史と文化が、
感じられる施設が点在しています。

 

歴史探索のまち歩きには、
最適な場所ですよ。
城山と歴史と文化の道には歴史の足跡だらけ。

 

もちろん西郷さんに、
ゆかりのある場所も、
沢山あります。

 

西郷さんの足跡を、
たどるのも良いかもしれませんね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

西郷さんは明治維新の立役者です。

 

西郷さんの功績は、
何といっても明治維新(めいじいしん)を、
成し遂げたことでしょうね。

 

西郷さんがいなかったら、
日本の近代化は、
もっと遅れていたかもしれません。

 

その後に起こった西南戦争で、
政府軍と戦うことになり、
最後は城山の地で亡くなります。

 

そんな激動の時代を、
駆け抜けた西郷隆盛を、
しのんでここに銅像が建てられました。

 

 

銅像の背にある城山で最後を迎えます。

 

 

陸軍大将の軍服姿で立っています。

 

この銅像は、
陸軍大将の制服姿です。

 

西郷さんの銅像といえば、
東京上野の西郷さんを、
思い出す方も多いのではないでしょうか。

 

あちらの像は浴衣姿ですが、
やはりこの城山の地には、
軍服の制服姿がふさわしいと思います。

 

軍服姿ですっくと立っている、
西郷さんの視線の先には、
鹿児島市の街並みや桜島がひろがっています。

 

西郷さんが、
私達に「きばいやんせ」(がんばりなさい)と、
語りかけているようです。

 

 

西郷さんは夜はライトアップされています。

 

 

この銅像は、没後50年祭の記念。

 

鹿児島市出身の、
彫刻家・安藤照(あんどうてる)が、
8年の歳月をかけてつくりました。

 

この安藤照は、
あの渋谷の、
忠犬ハチ公」もつくった方です。

 

銅像の高さは、
台座を入れると8メートルもあります。

 

やはり身体が、
人一倍大きかった西郷さんを、
表現したかったのでしょうね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

銅像前で写真を撮ると一気に鹿児島。

 

銅像前の国道10号線をはさんで、
向かい側には、
石造りの中央公民館が建っています。

 

その敷地で西郷さんの、
銅像に近い場所に
撮影用の広場があります。

 

 

中央公民館前には撮影スポットがあります。

 

 

ここに立って撮ると、
西郷さんと一緒に
写真に納まりますよ。

 

ぜひこちらから、
撮ってみてはいかがでしょうか。

 

西郷さんを上から見られます。

 

銅像の隣りの二の丸ビルに、
K10(ケイテン)カフェがあります。

 

ここからは、西郷さんを、
上から見ることができますよ。

 

 

上から見ると西郷さんはやさしい表情。

 

 

西郷隆盛さんのひ孫の、
西郷隆夫(たかお)さんがいらっしゃって、
西郷さんのとっておきの話が聞けますよ。
K10カフェ

 

鹿児島に来たら、
西郷隆盛の銅像は、
はずせないとおもいますよ。

 

あなたも鹿児島のまち歩きの途中で、
西郷さんに会いに来てみませんか。

 

西郷隆盛の銅像
鹿児島市城山町4-36

 

鹿児島市電 「朝日通電停」下車徒歩8分
カゴシマシティビュー 「西郷銅像前」下車 
銅像専用の駐車場はありません。

 

 

鹿児島市内にある
西郷どんのゆかりの地を
色々と紹介しています。

 

西郷隆盛どんの足跡を訪ねる。

 

合わせて、
行ってみて下さいね。

 

 

スポンサードリンク