つけ麺のjango(ジャンゴ)です。

つけ麺のjango(ジャンゴ)

 

 

 

今日は
JR中央駅周辺の
ラーメン屋さんの紹介です。

 

最近
良く聞くようになった
つけ麺のラーメン屋さんです。

 

その名を
製麺ファクトリー・
jango(ジャンゴ)と言います。

スポンサードリンク

 

ジャンゴがあるのはベル通り。

 

JR中央駅の東口を出て、
右側に行くと、
一番街というアーケードがあります。

 

一番街の隣りに、
並んであるのがベル通りです。

 

このベル通りには、
シャレた飲食店が増えてきました。
ジャンゴさんもその一つです。

 

 

ジャンゴさんはベル通りにあります。

 

 

製麺ファクトリーの意味。

 

店名のジャンゴの前に、
製麺ファクトリーとあるのは、
ここで麺を作っているからです。

 

 

お店の入口で麺を作っています。

 

 

ラーメンの麺から、
パスタの生麺までを
個人客から何と同業者まで、
販売しているそうです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

発券機で券を購入します。

 

食券をまず買うのですが、
メニューが多いので、
入口の看板を見てから入りましょう。

 

つけ麺のラーメン屋さんと、
聞いていましたが、
スープでいただく普通のラーメンもあります。

 

私は、初めてのお店で、
初めてのつけ麺でしたので、
迷わずつけ麺のボタンを押しました。

 

 

魚介スープのつけ麺を押しました。

 

 

お店はオシャレな造りでした。

 

カウンターと、
全部で25のテーブル席は、
個人まりとした造りです。

 

 

カウンターも何だかオシャレです。

 

 

それでも、
全体的に、
オシャレな造りでした。

 

独りでしたが、
4名掛けの、
テーブル席に座りました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

初めてのつけ麺です。

 

麺が盛られた皿と、
選んだ魚介のスープが、
運ばれてきました。

 

半熟卵が乗っている、
麺だけの皿と、
器の半分以下のスープです。

 

いつもの、
スープがある、
ラーメンとは違っていました。

 

これがつけ麺か。
いつもに比べて、
見た目のインパクトに欠けました。

 

 

魚介スープと自家製麺です。

 

 

見た目じゃわかりません。

 

早速、
麺をつけてみました。
すると、「うんいける。」

 

麺とスープが
うまくからんでいて、
美味しいです。

 

さすがに
製麺屋の麺です。
コシがあり、麺自体にも味がある。

 

 

麺とスープがからみ美味しかったです。

 

 

魚介味のスープでしたが、
トンコツ味をベースに、
魚介の風味があるスープ味です。

 

 

スポンサードリンク

 

 

スープの中にチャーシューが。

 

最初の見た目に、
迫力が無かったのは、
チャーシューのせいかもしれません。

 

でもチャーシューは、
スープの中に、
かくれていました。

 

見つけた時は、
少し感動しましたよ。
やっぱりこれが無いとね。

 

 

やっぱりチャーシューがないとね。

 

 

かごしまのニューウエーブ。

 

かごしまラーメンも、
老舗のラーメンの味だけでなく、
新しい味のラーメンが出てきています。

 

まさに、
かごしまラーメンの、
ニューウエーブと言えるものです。

 

ジャンゴさんのラーメンも、
その一つでしょうね。
新しい感覚でよかったですよ。

 

JR中央駅前には、
同じくニューウエーブの、
かごしまラーメンがオープンしました。
金斗雲(きんとんうん)もその一つです。
ヌードルラボラトリー金斗雲 RISING。

 

jango(ジャンゴ)
鹿児島市中央町21-27 松元ビル1階
電話 099-259-2550
11:00〜21:30(21:30ラストオーダー)
鹿児島中央駅より徒歩3分

 

 

 

スポンサードリンク