花尾神社はさつま日光と呼ばれます。

「さつま日光」の花尾神社。

 

 

 

今日は
花尾神社(はなおじんじゃ)
を紹介しますね。

 

花尾神社は
鹿児島市街地から
車で40分程走った所にあります。

 

それでも鹿児島市なんですよ。
花尾神社は、さつま日光と呼ばれる
豪華な装飾のある神社です。

 

花尾神社の
御朱印も頂いてきましたよ。

スポンサードリンク

 

田園の中に突然現れる赤い鳥居。

 

神社があるのは、
郡山町の花尾というところで、
のどかな田園地帯です。

 

神社への道を進むと、
田園の中に突然と鳥居が現れます。

 

赤く塗られた鳥居は、
田園の緑とのコントラストが、
強調されインパクトのある鳥居です。

 

 

田園地帯に突然、現れる赤い鳥居。

 

 

島津家の家紋が入っていました。

 

そのまま車を走らすと、
第二の鳥居が見えてきます。

 

今までののどかな田園風景から、
木々に囲まれた、
神聖な雰囲気に変わってきます。

 

一、二の鳥居には、
ともに丸に十の字である、
島津家の家紋(かもん)があります。

 

 

鳥居には島津家の家紋が。

 

 

ここが島津家と、
縁がある神社であることがわかります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

ご神木の親子杉もありました。

 

本殿は階段を、
登った所にあります。

 

階段の横には、
ご神木の親子杉がありました。

 

こんな木からも
神社の歴史を感じさせてくれますよ。

 

 

ご神木の親子杉です。

 

「さつま日光」と呼ばれます。

 

参道の最後は階段になっています。
一段高いところに本殿があります。

 

最初の印象は
豪華な造り」でした。

 

 

権現造りの本殿

 

 

権現(ごんげん)造りの本殿には、
様々な所に彫刻が施されてました。

 

 

柱の彫刻も見事なものです。

 

 

柱の彫刻も、
あざやかな色彩で飾られています。

 

 

スポンサードリンク

 

 

素晴らしい天井絵もありました。

 

また、びっくりしたのは、
天井に絵があったことです。

 

草花の絵が描かれていました。
さすがに「さつま日光」と
呼ばれることだけはあります。

 

 

天井に描かれた草花の絵もきれいです。

 

 

薩摩の日光東照宮とも、
いえる花尾神社が、
なぜこんな田舎にあるの、
というのが正直な感想でした。

 

花尾神社に祀られているのは。

 

祀られているのは、鎌倉幕府を開いた、
源頼朝公(みなもとのよりとも)と、
丹後局(たんごのつぼね)です。

 

なんと超大物ですね。
それでこの権現造りなのか。

 

ところで丹後局は、
どんな方かといいますと、
実は、頼朝の寵愛を受けた方です。

 

子供を身ごもったために、
頼朝の正妻である政子によって、
西国に追放されます。

 

奥様は怖いですね。
頼朝は恐妻家だったんですかね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

島津家のルーツがありました。

 

丹後の局がこの地に、
やってくる途中で、
男の子を出産します。

 

この子が島津家の、
初代島津家当主
島津忠久(ただひさ)と云われます。

 

花尾神社には、
島津家のルーツがあったのですね。
それで家紋があったのか。

 

 

花尾神社には島津家のルーツが。

 

 

お墓はパワースポットです。

 

丹後局はこの地で亡くなり、
お墓もこの神社にあるのです。

 

お墓には「おこけ石」と、
呼ばれるものがあります。

 

実は、これが安産祈願の、
パワースポット
になっているのです。

 

なぜかと言いますと、
島津忠久の出産が、
とても安産であったそうです。

 

 

安産祈願のパワースポットはこの上。

 

 

それで、「おこけ石」が、
安産祈願に、
御利益があるそうですよ。

 

 

スポンサードリンク

 

 

花尾神社の御朱印。

 

参拝を済ませてから、
少し離れた社務所に立ち寄りました。
ここで御朱印をいただきました。

 

なかなか、風格のある御朱印でした。
さつま日光の朱印もありました。

 

 

花尾神社の御朱印です。

 

 

「さつま日光」と、
呼ばれる花尾神社は、
一見の価値がありますよ。

 

花尾神社(はなおじんじゃ)
鹿児島県鹿児島市花尾町4193
TEL 099-298-7669

鹿児島の市内の
神社やお寺です。

鹿児島市内の神社仏閣と御朱印。

もちろん、
御朱印も頂きました。

また、鹿児島市外の
お寺はこちらです。

鹿児島市外のお寺。

素敵な
御朱印を頂きましたよ。

鹿児島市外の神社は
こちらから紹介します。

鹿児島市外の神社。

合わせて、
読んで下さいね。

スポンサードリンク