「ひとみ」の打上げに成功しました。

「ひとみ」の打上げが成功。

 

 

 

鹿児島県の
南種子島町にある
種子島宇宙センター

 

平成28年2月17日に
H2Aロケット30号機が打上げ。
今回も打上げは成功しました。

 

ロケットには、
エックス線天文衛星「ひとみ」
乗っています。

スポンサードリンク

 

やっと打上げられました。

 

実は、このH2Aロケットは、
悪天候で打上げが中止されたのですが、
5日間の延期の後に打上げられました。

 

種子島宇宙センターが見える
長谷展望公園には、
各地より集まったロケットファンが、
今か今かと待っていたのです。

 

遠く県外からは、
キャンピングカーや車で来て、
延期した日を、
車中泊で過ごした方もいました。

 

中には、ロケット打ち上げ見学の、
ツアーもあったと聞いています。

 

ツアーの場合は、
中止があったりすると、
大変ですよね。

 

 

テレビ画面の打ち上げの瞬間です。

 

 

自宅からロケットを見れました。

 

実は、私も、
延期のおかげで、
ロケットを見ることができたのです。

 

この日は、たまたま仕事が休みで、
打上げ時刻には、
自宅にいたのです。

 

テレビでは、
打上げの様子を、
ライブで中継されていました。

 

中継があると、
自宅で発射の瞬間を、
見ることができますよね。

 

 

自宅にいながらゆっくり見れます。

 

 

打上げの瞬間を待ちます。

 

ロケットの発射時刻に、
カメラを用意して待ちます。

 

ベランダからは、
錦江湾に浮かぶ桜島が見えます。

 

その桜島の右側に、
大隅山地の山並みが続きます。

 

桜島のすぐ横の位置から、
ロケットが飛んでいくのが、
みえるはずです。

 

天気も良いし、
夕方ですがまだ十分、
明るい時間帯ですので、
打上げの瞬間を待っていました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

別な場所から打ち上がりました。

 

発射されました。
テレビ中継のアナウンスが、
流れるのですが、
なかなか機体が見つかりません。

 

あせった私は、
打上げを予想していた方角から、
ずっと右に目をやりました。

 

すると、そこには、
夕日に染まった機体が、
上昇していくではありませんか。

 

 

上昇するロケットが自宅から見えました。

 

 

内之浦の方角だったのです。

 

鹿児島には、
大隅半島の内之浦に、
ロケット打ち上げ基地があります。

 

以前、内之浦から、
打ち上げられたロケットを、
ベランダから見たことがあります。

 

待っていたのは、
その時の内之浦の、
方角だったのです。

 

 

肉眼でみれるのがいいでしょう。

 

 

ブラックホールを観測。

 

打ち上げられた、
ロケットに搭載されたのは、
エックス線天文衛星のひとみです。

 

この「ひとみ」は、
宇宙からのエックス線を、
観測する衛星です。

 

これによって銀河の形成や、
宇宙の謎を、
解明するのが目的です。

 

それとあのブラックホール
観測するそうですよ。

 

 

近くで見るとすごい迫力なんだろうな。

 

 

「ひとみ」に世界が注目。

 

宇宙を見る目の役割を持つので、
ひとみはピッタリの名前ですね。

 

また、世界の宇宙研究者にも、
「ひとみ」の活用をさせる、
公開天文台の役割も持っているのです。

 

これでまた、
日本の宇宙技術が、
世界から注目されそうですね。

 

平成27年に打ち上げられた、
H2Aロケット28号は、
事実上の偵察衛星でした。
H2Aロケット28号機 打ち上げ成功

 

種子島宇宙センター
鹿児島県熊毛郡 
南種子町大字茎永麻津
電話 0997-26-2111

スポンサードリンク