桜島フェリーで15分の錦江湾クルーズ。

桜島フェリーで15分クルーズ

 

 

 

鹿児島市から、
目の前の桜島まで行くには、
桜島フェリーが便利ですよ。

 

桜島フェリーは、
鹿児島市が運行している、
公共の交通機関なんです。

 

15分の船旅ですが
ちょっとした錦江湾クルーズ
楽しむことができますよ。

スポンサードリンク

 

桜島フェリーで渡ります。

 

鹿児島市の鹿児島港から
桜島の桜島港までの、
距離は約3.5キロあります。

 

その距離を、
約15分で結んでいます。

 

しかも昼間は、
フェリーの待ち時間はありません。
すぐに乗れちゃうのですよ。

 

 

桜島を目指して進みます。

 

 

公共交通なのに24時間運航。

 

それに、なんと24時間運航なんです。

 

公共交通が、
一晩中動いているなんて、
聞いたことないのじゃないですか。

 

あの大都市東京の、
都営地下鉄だって、
深夜は走りませんよね。

 

 

深夜のために幻想的になりました。

 

 

休まないフェリーって、
ちょと自慢です。

 

さすがに深夜の運行は、
1時間に1往復ですが、
とっても便利ですよ。

 

 

スポンサードリンク

 

 

輸送客数、車両台数は世界規模。

 

朝夕は、通勤・通学客を、
昼間は観光客を、
ひっきりなしに運んでいます。

 

年間の輸送客数は、
500万人です。

 

輸送車両台数は、
約150万台は世界屈指です。
すごいですね。

 

薩摩半島と大隅半島の大動脈。

 

でもなぜこんなに、
乗船客が多いのでしょうか。
それは、鹿児島の地形が関係。

 

薩摩半島と
大隅半島を結ぶ陸路は、
車でも2時間もかかるのです。

 

 

鹿児島港の横には水族館があります。

 

 

薩摩半島と大隅半島、
行き来する人や、
車の流れは非常に多いのです。

 

2時間もかかるところが、
たった15分で行けるのです。

 

まさに桜島フェリーは、
両半島を結ぶ、
鹿児島の大動脈なんです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

美味しいうどん屋さん。

 

それと小腹がすいたら、
名物うどんもあるのですよ。

 

それもそのはず、
鹿児島の老舗
やぶ金さんのうどんなんです。

 

 

客室はゆったりしていますよ。

 

 

よりみちクルージングとは。

 

また、時間が許せば、
よりみちクルージング
お勧めです。

 

毎日1便 11:05に、
鹿児島港から出向しています。

 

15分の所を50分も、
よりみちをして桜島にいくのです。

 

運賃は500円ですが、
錦江湾のクルージングが楽しめます。

 

運が良ければ、
イルカに会えるかもしれませんよ。

 

 

「よりみちクルージング」はいかが。

よりみちクルーズでプチ船旅。

 

フェリー運賃(片道)です。

 

【旅客】 大人160円小人80円
【車両】運転者の運賃含む
      3m未満     880円
     3m以上4m未満 1150円
     4m以上5m未満 1600円   
【自転車】  270円
【自動二輪】  
     380円(125cc以下)
     490円(125t〜750cc未満)
     600円(750t以上)

 

桜島フェリー問合せ 
電話 099‐293‐2525

 

 

 

スポンサードリンク